地球環境塾

里山合宿

文学部の村上繭子です。 
2日間お疲れ様でした! 合宿を通して感じたことを書こうと思います。

私はグリーンツーリズムにとても興味を持っていて、食と農の観点からグリーンツーリズムと農村の持続可能性について考えることを目標に里山に向かいました。

まず、1日目に「すげの里」で、里山暮らしのモデルハウスの都市住民による里山体験活動を行う「新盛里山耕流塾」のお話を伺いました。そこでは里山体験活動での実態を詳しく学ぶことができ、事業の大変さを感じました。特に事業を行う方々の年齢層が高く、里山体験活動の持続性について私たちのような若者がもっと積極的に考えることが大切だなと思いました。

次に向かったお寺では、しめ縄つくりや竹箸つくり、さらにM-easyの戸田さんのお話を伺うことを通じて里山での暮らしの一部を体験しました。戸田さんのお話の中で特に印象的だったの自分の生活と仕事との距離がとても近いということです。そのことが何をするにいてもとてもやりやすく、暮らしやすいそうです。都会のせわしい日常ではなかなか感じにくいことなのではないでしょうか?

笹戸温泉に向かった後は待ちに待った夕ご飯の時間でした!
イノシシ鍋とドラム缶を窯にした窯焼き手作りピザをおなかがいっぱいになるまでいただきました(笑)当初イノシシを食べることにかなりの抵抗を感じていた私ですが、一口食べるととてもおいしかったです。また、屋外で食べたご飯は格別でした。

夜ご飯の後には基セミのメンバーでいろいろなことをしゃべって普段の授業では見られないような友達の一面を発見することができました。普段、都会にいると友達といてもスマホをいじって会話が無いということが多くなってきているように感じることもありますが、里山では(電波もあまり入らないこともあってか)みんなで会話することの楽しさや重要性を改めて感じました。

2日目にはさくら村を見学し安藤さんのおはなしを伺いました。木の間伐についてなど、とても考えさせられることが多かったです。

最後に今回の合宿では自分の研究テーマを考えたり、里山での暮らしの一部を体験することで自分の都会での暮らしを考える機会となりました。この合宿を'楽しかった'というだけで終わらせないようにするためにも次回のレポートに向けて準備を進めていきたいです。

合宿でお世話になった高野先生をはじめとするすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2016-11-23 19:50

持続的なブログです。
by kan_zyuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

レポート提出お疲れ様でし..
by TA原 at 22:57
何時のどこ行きのバスに乗..
by TA原 at 14:54
わかりました
by 山田 at 23:05
阿部君 参加の件了解し..
by TA原 at 22:54
基セミの合宿に参加できる..
by 阿部 真也 at 17:42
はじめまして★ブログ拝見..
by 広角機動体 at 18:35

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな