地球環境塾

<   2006年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

おれは今、猛烈に感動している!!(巨人の星風) BYほくと

みなさん、昨日は嬉しいコメント満載の寄せ書きありがとう☆★
いきなり研究室に来たときはビックリだったよ!!
先生と一緒で読んでてうるうるきちゃいました。

みんなと出会って長い人は一年、短い人でも半年が経ちました。
最初は結構恥ずかしがりやな皆だったけど、打ち解けていくうちに
一人一人の個性が輝き始めて、今年も素晴らしい環境塾になりました。
授業に対する姿勢、与えられた課題を発表する準備、連帯感、全部良かったです。
結構大変な授業(?)だと思うけど、その分、皆が得たものは何物にも変えがたい
ものであると思います。

これからの日本(世界も)はもしかしたら大変な時期を迎えるかもしれません。
それは資源においても、金融においても、外交においてもです。
けど、皆が得たもの、これから得るものを駆使して精一杯生きてください。
それぞれが日本を背負っていく逸材ですから(俺はもう風邪でやばいです笑)。
他人事ではなく、いつでも自分が当事者であることを心がけることを忘れないでください。
僕自身も忘れずにこれから精一杯生きていきます。

最後に、皆に出会えたことにとても感謝しています。
名古屋大学に来て、たくさんのいい思い出の中で、みんなとの出会いが輝いています。
結構うるさい先輩だな~って思ってた人も多いかと思いますが、そのへんは許してね!
最後の方は修論等で参加出来なかったけど、資料は毎回楽しみに読ましてもらっていました!
みなさん、お疲れ様★☆★
来年も出来たらお兄さん、お姉さんとして環境塾を盛り上げていってください♪

それでは最後の晩餐の幹事ばんばん、期待していますよん☆
[PR]
by kan_zyuku | 2006-01-31 14:59

ありがとう!

みなさま
だいずせんせいです。

きょうは心のこもったメッセージをありがとうございました(読みながらうるうるしてきたぞ)。
こういうとき、教員をやっていてよかったなぁと実感します。
何人か、これから専門課程で学ぶ方向を発見できた、という言葉も見えました。それこそがこのセミナーをやっている意義と思っているので、これもよかったなぁと思います。
TA、先輩のみなさん、ご苦労様でした。セミナーがこんなに充実したものになるのは、みなさんのおかげです。
また、合宿ではこどもたちがみなさんにたいへんお世話になりました。いつも舞い上がってしまって(特にじゅんが)、じゃれつきすぎでうっとうしいこともあったかと思います。いやな顔をせずつきあってくれて本当にありがとうございました。共働きだとどうしても連れて行かざるを得ないことがあり、助かりました。
今年は豊根に行く機会が少なくなってしまって反省しています。来年度はさらに合宿をパワーアップしたいと思います。ぜひ4月からもお兄さん、お姉さんとして新入生のめんどうをみてやってください。
最終レポートも楽しみにしています。よろしくね!
[PR]
by kan_zyuku | 2006-01-31 00:07

豊根合宿レポート byまろ

 遅れてすみません。
 今回の合宿は、今年度最後の環境塾合宿だったわけですが、このように教養の一環として山村に泊まる事は、私にとって最後の経験になるかもしれないと思うと淋しく思いました。
 最初に製材所を見学しました。製材所を訪れるのは二度目でしたが、積み木ハウスの新しいものが開発されていて、積み木ハウスも市場で生き残るために様々な努力をしてきたことを垣間見ることができました。
 畑ではジャガイモ、ブロッコリー、キャベツを収穫しました。ブロッコリーやキャベツは元気のなさそうなものでしたが、ジャガイモはたくさん生っていました。先生に依るとブロッコリー、キャベツがあまり育たなかったのは、去年と同じ場所に同じ野菜を植えたために、その野菜が好きな病原菌が集まっていて、やられてしまったということでした。
 その日の夜はごんたと博士による発表がありました。ごんたは眼鏡についてで、「めがね男子」という本について語っていました。博士はジャガイモについてで、なかなかタイムリーな話題で良かったと思いました。
 二日目の朝は、夕飯で余った食材を上手く活かして作れて流石環境塾だと思いました。その後、今回のお楽しみであった五平餅作りをしました。地元の奥さん達が味噌ダレや胡桃ダレを持ってきてくれたので、大変美味しく頂きました。地元の奥さん達はとても親切で私達のために猪の肉やかつお節風味の漬物も振舞ってくれました。どれも私にとって珍しい料理でしたが、地元の人たちはそういった料理を作り続けてきて、伝統を守ってきていることに感心しました。
 帰りには足助屋敷に行きました。足助屋敷は様々な伝統工芸品の職人が一同に集まったような場所で、建物も明治時代の足助をイメージして作られていて、昔の生活の様子を見ることができました。先生が言っていたように、昔ながらの技術を保存することは重要なことだと思います。足助屋敷は景色がよい場所にあるし、交通の便もそう悪くなさそうだったので、また違う季節にも行ってみたいと思いました。
[PR]
by kan_zyuku | 2006-01-30 15:22

豊根村合宿レポート

個人的に波乱万丈な合宿だったばんばんです。

初日の朝。
受験生に間違われたり、立ち読み、お散歩、ショッピング・・・意外と素敵な時間を過ごせました。いろいろとお手数をかけてしまい、すいませんでしたm(_ _)m

収穫。
今回はあまり期待していなかったのですが、ジャガイモがあんなにたくさん収穫できて驚きました。ジャガイモが世界各国で食べられ、栽培されている理由が実感できました。キャベツはぜんぜん巻いていなくて、普段食べているキッチリ巻いたキャベツというのが特殊なものに思えてきました。ブロッコリーが畑にはえている姿はとても異様でした。全部収穫し終わった畑を見ていると、なんだか寂しい気持ちになりました。でも、来年度のためにもう畑はひっそり準備を始めていると思うと、「また頼むよ、がんばれ」と応援したい気持ちになりました。どの野菜もおいしくいただきました。市販されている野菜の味とは違い、ジャガイモは甘く、キャベツは柔らかかったです。やはり無農薬・無手入れがポイントなのでしょうか・・・。

ゴンタ&はかせの発表。
教室で聞く発表とは違い、どことなく和やかな雰囲気の中での発表でした。ゴンタの発表では、メガネもも確かに衣の一部なんだと気づかされました。目が悪くなる→メガネの需要が増える→メガネ産業繁盛。メガネ産業が繁盛することはよいことなのですが、その要因は現代人の目が悪くなっているため。なかなか難しい問題を提起してもらいました。はかせの発表は、さっき収穫したばかりのジャガイモだったので興味津々でした。最後のクイズも楽しかったです。2人ともお疲れ様でした。

五平餅、もち米を使ってないのに五平“餅”。
お母さん方の手際のよさに圧倒されてしまい、ほとんど頼ってしまいました。特に、熱いモノを素手で簡単に持つ姿にあこがれました。やっぱり『母は強し』だなぁと思いました。五平餅作りはとっても楽しかったです。誰かさんは売り物のようにキレイな形だったり、いびつな形だったり、また誰かさんは雪だるまとか魚とか作ってみたり・・・。囲炉裏で五平餅を焼く間、食べるのが待ち遠しかったのですが、みんなで囲炉裏を囲みながら話をしているとあっという間に過ぎてしまいました。昔の人もみんなで囲炉裏を囲みながら楽しいおしゃべりをして、温かい人間関係をつくるのに役立っていたのかなぁと勝手に想像してしまいました。囲炉裏の暖かさ&温かさを発見しました。そんなことを思いつつ何気なく五平餅を食べようとしたら、熱~いタレのせいでやけどをしてしまいました(もうかなり回復しました。)みなさん、五平餅を食べるときには細心の注意が必要です!

三州足助屋敷。
地元が近いということもあって、前にも何度か見学に来たことがあります。でも、前に来たときとは少し印象が違っているような気がしました。何度行っても同じ遊園地とは違い、人がいて物を生み出すことで完成している空間なので、行く度に違うおもしろさがあるのかなぁと思いました。また、けん玉・お手玉・ダルマ落としなど、昔の遊びの楽しさを再発見しました。

おまけ・・・豊根村の夜の素敵なところ
①星空 たくさん流れ星が見れます。何を願ったのかは秘密です(笑)そして、名古屋に帰ってきて夜空をみてみました。やっぱ違います~。
②雰囲気 寒くて静かな空気の中にいると頭がさえてきて、いろいろなことが考えられます。
③語らい 環境塾メンバーの本音トークが聞けます。

豊根村では頭だけでなくて体全体で学んでいる、つまり自分の全部で学んでる気がします。だから、言葉で説明するのはなかなか難しいと思う今日この頃です。

みなさん本当にお疲れ様でした☆
[PR]
by kan_zyuku | 2006-01-27 18:21

豊根村体験記

 記憶が薄れないうちに書いておきたいと思います。豊根村初体験だったぷぅ子です。
 今回新鮮だったのは“木サイクルセンター”でした。
 普段は目にすることができないほど立派な杉や檜に囲まれて、改めて自然の凄さが感じられました。
 あれほど育つまでには水だけでなく陽の光や長い時をも必要としたのだと思うけれど、1年1年、年輪を重ねてさらに建物を何十年も支えていく・・・。木は何気に成長しているようで実は自然の膨大なプロセスの元に成り立っているんですよね。
 杉や檜の“木の香り”がしたのも忘れられません。
 そして畑ですが・・・植えてくださった皆さんのおかげで楽しく収穫することができました。
 ありがとうございます!
 夜もみんなと色々な話ができて良かったです。
 2日目は五平餅の体験をしましたが、来てくださった豊根の方が朝食の際に私達が使った豊根のケチャップの瓶を見て笑顔で“おいしかったでしょ?”とおっしゃっていたのが印象的でした。作り方や流通についても語って下さり、とても誇らしげで、前向きさが伝わってきました。
少し自分の町について考えさせられる機会となりました。
 足助屋敷では職人さんの作業を目の当たりにして手仕事の大変さを感じました。
 なかなか“伝えていく” “生業とする”のは困難ですね。
最後になりましたが・・・。慣れない私に色々教えてくれたみんな、引率して下さった先輩方、そして先生、ありがとうございました (*^_^*)
[PR]
by kan_zyuku | 2006-01-26 22:02

写真アップしました。

地球環境塾写真館 - 別館

※一部表示されない写真はやっちんセンパイが勝手に削除したからです。要望があればアップします^^
[PR]
by kan_zyuku | 2006-01-26 15:08

ハカセ的豊根村見聞録 其の2

ハカセです。忘れないうちに載せておきます。

<21日(土曜日)>
 畑ではキャベツとじゃがいもとブロッコリーを収穫しました。キャベツは前回見たときと比べてずいぶんと小さくなってしまってはいましたがちゃんとキャベツでした。じゃがいもは今回発表のためにじゃがいもについて調べたところ、収穫時期が遅くとも12月の下旬までということだったので心配していたのですが、実際に掘ってみるとちょうどいいサイズのじゃがいもが次から次に発掘されたため感動しました。改めて自然の偉大さを実感しました。収穫の後は来期のために畑作りをしました。米ぬかと落ち葉を撒くために鍬で溝を掘っていったのですが、これがなかなか大変であとで実は腰が痛かったです。来期もこの畑でたくさんのおいしい野菜が収穫できることを願っている今日この頃です。
 夕ご飯の鍋はとてもおいしかったです。米もおいしかったです。あと収穫したじゃがいもを炭火焼(?)にしたのですが、これがまた何もつけなくても甘くておいしかったです。最後に忘れもしないあの飲み物、そう『ドリル入りワイン』です。衝撃でした。若干鉄の味がしたものの、なかなかおいしいワインでした。でも、二度と出会うことはないでしょう…。

<22日(日曜日)>
 朝から五平餅作りでした。僕は教えに来てくださったおばさま方にいつの間にか火の番をするように任命されてしまったため、ほとんど実際の作る作業には参加できなかったのですが、それでも見ているだけで五平餅を作る作業は楽しいと感じました。味の方も結構おいしかったです。あと、しし肉をはじめて食べたのですが、これもまたとてもおいしかったです。
 帰り際によった三州足助屋敷では伝統的な技術を近くで見ることができ、とても興味深かったです。竹細工でいろいろな動物などを作っていたおじさんに話を聞いてみたところ、とても楽しいそうに答えてくださいました。足助に住む人々のぬくもりを感じた気がしました。

 僕が豊根村に行ったのは今回でまだ2回目ですが、豊根村にとても親しみを感じています。雰囲気は自分の地元(結構田舎なので)と似ているのですが、そこに住む人々の温かさにはとても差があるように感じています。どうしても疎遠になりがちな現代社会ですが、豊根村にいると、人と人との交流は実は素晴らしいものだったり、かけがえのないようなものだったりすることに気づきます。人とのつながりってやっぱり大切なんだなぁと思います。だから後期メンバーと出会えたことを大切にしたいと思います。

 さて柄でもない話はこれくらいにして、僕はできたら来年も合宿に参加したいと思っています。せっかく豊根村に出会えたのにこのままお別れというのは寂しい気がするので。というわけで、バラ先輩、給料は要らないので来年TAA(Teaching Assistant の Assistant) として個人で雇ってください(笑)!

 ではこの辺でレポートを終わりたいと思います。みなさん、お疲れ様でした♪ 
[PR]
by kan_zyuku | 2006-01-24 21:40

コミーの豊根レポート

最近年老いてきて記憶が危ういので早めに載せます。

今月は花祭りにも行ってきたので、一ヶ月の間に2度も豊根に行ってしまいました。でも今回は雪が降らなくて本当によかったです。前回は命の危機を感じたので…。

畑ではほったらかしのジャガイモと、ほったらかしのキャベツと、ほったらかしのブロッコリーを収穫しました。ジャガイモは正直あまり期待してなくて、小さいものしかとれないだろうと思っていたので、立派なイモがゴロゴロ出てきて驚きました。本当にほったらかしで何も手入れしてなかったのに…植物の生命力はすごいですね。味の方も甘くてとてもおいしかったです。キャベツやブロッコリーもほったらかしだった割には良くできていたと思います。落ち葉と米ぬかの力で来年度もたくさん収穫できることを願っています。

五平餅はとてもおいしかったです。しっかりと串にくっつくようにするのが大変でした。それから生まれて初めて猪肉を食べました。思っていたより獣臭くなくておいしかったです。

三州足助屋敷も面白かったです。パイナップルやカボチャの炭に感激しました。特に理由はないのですが、スイカを炭にしてみたいです。それから全国の様々な土雛があって、地域によって服装とか顔の形などいろいろ違いがあって面白かったです。あと、萬々(バンバン)館には妙に親しみを感じました。

最後に、今回は豊根で初めて流れ星を見ることができて感動しました。今年は何か良いことがあるかな?それからごんたと博士、発表お疲れ様でした!とても面白かったです!!

以上でレポート終わります。みなさん合宿お疲れ様でした!!!

コミーでした!!
[PR]
by kan_zyuku | 2006-01-23 16:23

豊根村れぽ3

豊根にものすごい行った気になってたけど何気に三回目のごんたです。

土曜日はまずじゃがいも掘り。
小学生と必死になって競争したのは何年ぶりだっただろうか。おかげで若返った心地がしました。形は小さくてもあんなに出来るもんなんだと素直に驚いた。夜は非常においしくいただけました。自然に感謝。
恒例の温泉も堪能。打たせ湯で腰のハリ、肩のこりを解消。横にはご高齢の方ばかり。おかげで年をとった心地がしました。
夜はなべ。しかしそれよりも僕とでんでんは米。でんでんのすばらしいエスコートによりうまい米が炊けました。しかし米の洗い方では彼と少し議論になりました。今度食べ比べたいと思います。そして後期からの環境塾の方々とお話できたのもよかったです。壁が若干消えた気がします。しかし後期もあと数回なので少し残念です。

自分の発表についてメガネ=視力の補助という観点から、安易にメガネをかけることで視力が回復することは問題なのかもしれません。将来人類の視力が(特に近視が)良くなればメガネは不要、またはほんとうの意味でファッションとなるでしょう。しかし世の中の情報の氾濫はこれからも続いていくだろうことをかんがえると現代、将来において人間は目を酷使せざるを得ません。また、身の回りから人間以外がつくったものが消えていくことも問題な気がします。目を休める場所がどこかにあれば結果は違う気もするのですが。
メガネを扱う産業にしてみればメガネをより多くの人がかけることは歓迎されることでしょうがやはり人類自体の持続を考えると視力の衰えは死活問題です。何か方策はあるのでしょうか。

日曜日は朝から五平餅作り。教えてくれるおばさん方がとても親切でした。おかげで楽しくもち作りが出来ました。味も思っていたより良かったので大成功といえるものでした。
帰りの途中には三州足助屋敷に立ち寄りました。昭和の町並みを再現したところが一番興味深かったです。看板とかカレンダーとか。こんな時代ほんとにあったのかって思うような。この50年で大きく社会が変わったことを改めて実感しました。ただ仕事をしてる方々ともう少し話をしたかった気がします。藍染をしていたおばあさんは僕らが話しかけると嬉しそうに色々と答えてくれました。勉強になったのと同時になんだか嬉しくなるような気持ちをもらえて元気になりました。


今回はこのような感じでしょうか。もう豊根に行くことはないのかなとも思うと少しさみしいですが。

http://air.ap.teacup.com/mrchaptain05/

ここの僕のブログにもちょこっと書きました。決して宣伝ではないです。かなりくだけて書いているのでもしご覧になる際はご了承ください。
[PR]
by kan_zyuku | 2006-01-22 22:44

(18日追記)1月21,22日の豊根合宿

集合場所:東山線本郷駅・藤が丘側の出入口
集合時間:1月21日(土) 朝9時
やること:野菜の収穫(ジャガイモ・キャベツ)・土いじり・五平もち・三州足助屋敷・温泉
費用:5,000円
持ってくるもの:お昼ご飯・軍手・雨具・防寒具・動きやすい格好・お風呂セット

当日は名古屋大学から出発するので、名古屋大学に集合がいい人は8時40分までに環境総合館前にいてください。

あと、夜ご飯の献立がまだ決まっていないので、何かコメントにでいいので提案してください。

あとあと、本当に運転したくない人も言ってください
黄色メガネの先輩が運転することになりました。本当に運転したい人はいってください。
[PR]
by kan_zyuku | 2006-01-16 19:02 | 【重要なお知らせ】

持続的なブログです。
by kan_zyuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

レポート提出お疲れ様でし..
by TA原 at 22:57
何時のどこ行きのバスに乗..
by TA原 at 14:54
わかりました
by 山田 at 23:05
阿部君 参加の件了解し..
by TA原 at 22:54
基セミの合宿に参加できる..
by 阿部 真也 at 17:42
はじめまして★ブログ拝見..
by 広角機動体 at 18:35

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな