地球環境塾

<   2008年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

最終レポート

最終レポート

経済学部師匠です。遅れてすみません。

  *1年間で自分が変わったこと
 この1年間環境塾で学んで、環境問題について深く多面的に考えることができるようになったと思います。たとえば森林の問題では、授業で日本の山はかつては焼き畑を行っていたためにはげ山になっているところが多かったけれど、それでも持続的に森林が利用できていたことや、人工林は間伐など人の手を加えなければ維持できないということを知り、ただ山に木が生えていればいいと単純に考えてはいけないということを学びました。森林の問題以外でも、先生やTAの方から、環境問題について今まで知らなかったいろいろなことを教えていただき、問題解決のためには多様な観点から考えていかなければいけないのだということがわかりました。また、環境問題の難しさ、奥の深さもこのセミナーを通して分かった気がします。食品添加物や遺伝子組み換え食品は体に悪いだろうという主張はあっても、厳密に害があるかどうか判定することは非常に難しい。とても自分の価値観で決めつけることはできないんですね。
 
 
  *もっと学んでみたいこと
 これからも学んでみたいと思っていることは、地域の再生についてです。僕は豊根村や奥矢作を訪れて、こんなすばらしい自然環境が生かされていないのは本当にもったいないことだと思いました。現在日本の地域社会は過疎やコミュニティーの衰退などいろいろな問題を抱えています。しかし、地域は都市にはない豊かな自然環境という大きな財産を持っています。この自然環境を生かし、農業や林業が盛んになれば、食糧自給率が上昇するし、海外から木材を輸入しなくて済むので海外の森林破壊も防げます。自給自足的な暮らしをするようになれば、地域の人々のきずなも強まるでしょう。これらは一例ですが地域社会の再生が、環境問題や社会問題の解決の鍵になっていることは確かだと思います。


 受験のアドバイスですが、勉強した内容をしっかり身につける上で大切なのは、①復習をしっかりやることと、②勉強にメリハリをつけることだと思います。2,3回勉強しただけでは、なかなか身につけることはできません。何回も繰り返して復習することにより、理解が深まり、応用力もついてきます。また、集中して密度の濃い勉強をすることも大切です。もちろん、ある程度の量を確保することは必要なのですが、時間ばかりかけてだらだらやっても内容は定着しないし、時間をかけたことで勉強した気になってしまったり、なかなか身に付かないことで焦りを感じてしまったりします。やはり集中力が大切です。
簡単な内容ですいません。宮川さんは目標を持っているのがいいなと思います。僕は大学に入る前、これをやってみたいという明確な目標は持っていませんでした。大学生活も2年目に入りますが、ここらで大学で学ぶ意味を考え直したほうがいいかなと思ってます。

最後に、環境塾で一緒に学んだ皆さん、お世話になりました。1年間ありがとうございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-02-22 01:31

アドバイス有難うございました!!!

宮川結衣です。本当に有難うございました!!

ここに、感謝の言葉を投稿していいものなのか・・・・・心配なのですが
一応ここに掲載しておきます(すいません)

なんか、合宿でもお世話おかけして、その上貴重なアドバイスを頂いて恐縮しています。



でも、とっても勇気を貰いました!!!!


今は、ちなみに学校の学年末テスト週間中で、
確か・・・2ヶ月前から、準備していたのに何を誤ったのか範囲が全然終らないという
緊急事態に陥ってます(笑

アドバイスに徹夜で何とかしては駄目だとの仰せですが、
早速破ろうとしている自分です(オイ

でも、自分のあった勉強法でやるというアドバイスから、
慣れていないけど、徹夜で計画を元通りに出来ないかなっと考えてます。
一応、猶予はあと4日あるので何とかするぞ!!

基礎固め、先生に質問、時間の概念や・・・・・ポジティブに考える事!!
そのほかにも色々、考えさせられました。

最近は数学のあまりの難しさに、数学の先生を質問攻めしていますが・・・

よしっ!!これからは、先生が私の顔をもぅ見たくないというまで(いや、もぅ見たくなかったりして・・・)質問攻めにします☆



まだまだ、皆さんに出会えた事への、嬉しさや感謝の気持ちや
合宿を通して考えさせられた事など、まだまだ書ききれない、言葉に表わせないものは
沢山あります!!・・・・が、この辺にしておきます。



できたら、また皆さんとまた合宿できたらいいなと思います!!(無理ですが

それと、皆さんがやった、プレゼンもやってみたいです。若干
あと合宿での経験を生かして、環境学をもっと勉強してみたいです★
その為にも、できたら(というか・・・切実に)名古屋大学に入りたいです!!



最後に一言


本当にお世話になりました!!有難うございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-02-21 01:12

最終レポート よっしー

杉浦佳希(よっしー)です。

①1年間で変わったと思うこと
 僕がこの基セミを通して最も変わったと思うのは、「物事を多面的に捉えるということを知ったこと」です。今まで僕は、ある物事に対して一面的な見方しかしていませんでした。簡単な例を挙げると、「木を切ることは悪いことである」、「遺伝子組み換え食品は全面的に悪だ」、といった感じです。しかし、プレゼンの準備・発表、そして質問を通して、「どんな事にも長所と短所があり、捉え方次第で見方を大きく変えることが出来る」ということを学びました。僕は毎回、プレゼンの度にある程度どのような質問が来るかを予想して臨んでいましたが、必死にあらゆる角度から検討したつもりでも、それより更に様々な視点からの質問が投げかけられてきました。特に、TAの先輩方からの鋭い質問にはなかなか答えられませんでした。このように、自分で考える過程を通じて、僅かながら「多面的な視点」を得られた気がします。
 次に、「森の見方」が変わりました。このセミナーを受講する前は、僕の頭の中では「天然林」も「人工林」も「天然生林」も全部まとめて、ただの「森」でした。しかし今の僕には、旅先で見た森をただの「森」として見ることは出来ないと思います。森を見るたびに、「この森はもやしの様な木ばかりで、多くの木にカビも生えているし、下草も少ない。昼間なのに森の中は真っ暗だ。もう末期状態だな。」とか、「この森は木々の間隔が十分に開いているし、下草も繁っている。いい具合に日光が差し込んでいる。きちんと間伐して手入れされた林なんだろうな。」などと分析してしまいます。残念ながら、後者のような森に巡り会ったことはあまりありませんが。セミナーを通して国内林業の現状を教わり、また、自分でプレゼンの準備のために「森林の再生」 について調べたことで、日本の人工林を再生することが以下に困難かということを知りました。そして奥矢作で、そのような過酷な条件化でも、人工森を再生しようとして活動している人々がいることを知りました。

②もっと学びたいこと
  僕は、前期は「森林」、後期は「住まい」というテーマでプレゼンを行ったので、まだ自分自身で調べていない「食と農」というテーマについてもっと学んでみたいと思いました。具体的には、日本各地の郷土料理から、「持続可能性」を発見できたら面白いのではないかと思っています。長い間その地方に受け継がれてきた伝統料理には、きっと「持続可能性」の鍵が隠されていると思います。

③アドバイス
  文型科目だけですが…(>_<)
◎国語
(1)現代文
 本格的に受験勉強に突入する前の、まだ少しでも余裕のある時期に、できるだけ多くの本を読んでおくといいと思います。理想的には小説だけでなく評論・随筆など様々なジャンルの本を読むのがいいですが、小説のみでも十分に効果はあると思います。特にセンターの国語はスピード勝負なので、文章を速く読む力を身につけるという面でも役に立ちます。
(2)古文
  単語・文法は絶対に完璧にしましょう。源氏物語や枕草子等の頻出作品は、全体の大まかな流れを把握しておくと良いです(源氏物語が7日で分かる本、とか売ってます)。
あとは、色々な文章に触れて古文に慣れるのが良いです。
(3)漢文
  基本的な句形はがんばって全部覚えましょう。「漢字自体の意味」を覚えておくと便利です。   
 古文と同様に、色々な文章に触れて漢文に慣れるのが良いです。

◎英語
  単語は早いうちから計画的に勉強しておくのがいいです。単語が分からないと文が全く読め  ないので(ToT)
  ちなみに、うちの高校では「Duo」という単語本がおススメでした。

◎その他
  受験勉強は、「自分がしたい勉強」とは異なるだろうから、正直勉強していて面白くもないだろうし、むしろ辛い要素が多くなると思いますが、「自分がしたい勉強のための勉強」だと思って頑張ってください。受験勉強は、努力すれば必ず報われます。

最後に…
 高野先生、そしてTAの先輩方、1年間を通じて本当にお世話になりました。合宿は、参加した3回とも本当に楽しかったです。これからも、飲み会等の企画があればぜひ参加したいです。
 この基セミを受講して本当に良かったと思っています。ありがとうございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-02-20 23:39

最終レポート 沢厚太朗 さわこー

まとめレポート
高校では山岳部でしたし、山や森はかなり見てきたはずなのですが、知識が増え、意識が変わったことで、なんの変哲もない森林でも、いままで見えていなかった事柄が見えるようになった気がします。見えていなかった事柄が見えてきたことで、知っているつもりだった問題の別の面が分るようになり、気になることが見つかり、調べれば調べるほど、知らなかった事実が出てきて、たくさん調べて発表しても、やっぱりわからない疑問が飛んできて、という経験は、テスト勉強と違い、広がりが感じられ、とても面白い経験でした。発表では調べたことをすべて出せばいいわけでなく、見せることを意識できるようになったのもこの一年での成長です。
また、合宿ではダムの大きさや、伐採の轟音を肌で感じることができ、面白いうえに、とても勉強になりました。実際に体験すると、印象に残りますし、いろいろなことが見えてくるので、今後も機会があれば積極的に動いて、どんどん吸収していきたいです。その方が楽しいですしね。
学部は情報文化ですし、学びたいのはメディア系なので、この授業でやった内容とこれから学んでゆくこととは、直接の関係はなさそうですが、逆に農村の視点や地域の視点で見ていくのも、面白そうだと思っています。

アドバイス
うちの高校は部活や文化祭ばっかりやってるんで、生徒は入学から高校三年までの間で偏差値がだんだん落ちてゆく学校だったんです。それでも、三年の夏、文化祭が終わったあたりから徐々に伸びはじめて、ぎりぎりで巻き返すのがもはや校風でしたね。何でかって言うと、みんな成績がぼろいので逆に最後まで諦めないから、部活やなんやでつちかった集中力を存分に発揮するからなんだと思います。あとは「楽しむ」ってのが一番だと思います。ものは考えよう、絵や表を描きながら歴史を覚えたり、文章を楽しみながら英単語を覚えたり、自分のことを一番知っているのは自分なんで一番自分にあった勉強法を探してみるのがいいと思います。創意工夫が一番です。個人的には倫理の科目が好きだったんですよね。倫理の教科書や資料集には、恐ろしいほど学問してる哲学者がうじゃうじゃ出てきて、こつこつ勉強するのが嫌になったとき、倫理の勉強をすると、俺ももっと勉強しなきゃなって気になったんです。受験勉強ばかりだと、視野が狭くなりがちなので、息詰まったときは、視野を広げてみるといいですよ。国語の勉強にもなりますし新書読んだりするのもいいと思います。最短距離を目指すと苦しいんで、焦らず、頑張ってください。

最後に、この基礎セミナーは本当にためになったし、とても楽しかったです。
1年(あるいは半年)の間、一緒にやれてよかったです。本当にありがとうございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-02-20 21:26

最終レポート

ユウです。 最終レポートです。 期限ギリギリですみません。

変わったことといえば、自転車のメーターが7000km越えました。
では無くてですね、
何事も、分からなくなったらまずウィキペディアではなくて、割と図書館へ出かけるようになりました。
これは、プレゼンの準備などをして、強制的に図書館を利用したことによって、意外に図書館って使えるってことに気づいたからです。
あと、自炊のレベルが上がった気がします。授業と関係ないかもしれないけど、合宿のなべがおいしかったので、悲しいけど、下宿で一人なべなんてやってます。
スーパーでは、なるべく近場産の物を買うようにしてます(餃子の事件とかあったし!)
先生がプレゼンを作るコツとして教えてくれた事に、調べた事をすべてプレゼンに盛り込ま無いっていうのがありました。
これが、実は日常会話とかにも参考になって、あったこと全部友達に話すと、「お前の話しはつまらん」って言われるので、「言いたい」って衝動に駆られても、なるべく小出しに、ストーリー立てて、(これは先生が言ってた、プレゼンの設計図のメモ書きの考えに通じますね)話すと、最近、つまらんって言われなくなりました。
ただ俺の話し方が下手糞だっただけかもしれません。




始めの資料調査の内容みたら分かると思いますが、実は始めはエネルギー問題とか、食料問題とか、世界規模のマクロな問題を取り扱いたかったんですが、いろいろ調査していって、うまくまとめられなかったので、テーマを変えてしまいました。今でも先生が「小学生みたいな発表」って言ったのが印象に残ってます(笑
食の問題の王道テーマばっかり扱ってしまいました。
だから、エネルギー関係のことをもっと勉強したいです。
例えば、今バイオエタノールを生産するために、穀物の値段が上がって、問題になってますね。
今まで、化石燃料を使ってきたので、消費エネルギー>生産エネルギー(生産エネルギーとは、太陽光等から生成されるエネルギーとして、{(δ地球のポテンシャル)=(生産エネルギー)-(消費エネルギー)と定義する}
で、差分は化石燃料の消費分だったんですが、その差が小さくなるのは、個人的にはいい事だと思います。
ただ、一方で、太陽から供給されるエネルギーは農地を拡大しない限り、一定で、そのうち、燃料として使用される割合が増えるということは、食料となる量が減り、つまり、発展途上国などでの飢餓を意味すると思います。
供給を減らして、単純に人口を抑制しようとしても、それはミクロに見たら、餓死する人を増やして、人口を減らしてるということになるなって思い、理科や数学を勉強してるだけでは見えないし、解決できない問題が世界にはたくさんあるって思いました。



最後に、宮川さんへ。

そういえば、ちょうど一年前受験でしたね。
まだ、高3になったばっかりだと、実感もなくて、半年漬ければ大丈夫だろ、3ヶ月漬ければ、1ヶ月、、1週間。ってなります。だから、何事も早めにやるべきでしょう。
ただ、高校生だと、「徹夜をすれば何でも出来る」っていう勘違いしてると思います。俺は今でも勘違いしてます。
そんな人には、”今度やろうは馬鹿野郎、明日やろうは馬鹿野郎”って言葉を進呈します。(元ネタは月9のプロポーズ大作戦ってドラマです)
先生も書いておられるように、自分の好きな勉強をすればいいと思います、俺は数理が大好き且つ得意だったので、そればっかり勉強しました。これは、大学入ってからめちゃめちゃ役に立ちますね、物理科目は授業出ずに、試験だけ出てヤホーです。実は英語は高3になってから全く勉強してないんですね。
いや、これは真似しちゃだめです。英語勉強してください。

実は、うちの高校は教師陣がダメダメで、みんな塾頼りだったので、pHがうらやましいです。
ただ、俺はそのためか、いい塾の先生に出会えました。
とにかく、一人でいいから、信用できる先生を見つけて、その先生が言うこと、1日に10時間勉強しろとか、100単語覚えろとか、めちゃくちゃなことでも、「ほんとに効果あるのかな」なんて疑問を持たずにガムシャラにやることを進めます。

代々木の名大専門講師を何十年やった俺の塾の先生が言ってました。浪人生が現役よりも劣るのは、ガムシャラさを失うからだって。

抽象的なことばっかりでしたが、最後に具体的な話をすると、

数学→ひたすら書けば、名大は部分点多いです。
  →史上最強の裏技、「確率とか場合の数は、百通り程度なら数えろ」
   1問30分として、1800秒です、1800通り数えられますよ?
英語→俺にはわかりません、カンニングでもしてください。
物理→東進の苑田さんやっとけば良いです(値段が高いですが)
   →あの世界観は、一生物の財産です。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-02-20 21:22

合宿レポート

ユウです。

大変遅くなりました。豊根村合宿レポートです。

一番初めに行った畑では、(素人目には)荒れた畑をみて、少し悲しかった覚えがあります。
農業が好きで始めたはずなのに、なんで放って荒地になっているんだろう?
そこで、耕さない農法という物を知り、化学肥料を使わず(確か、使ったか使ってないかの返事は曖昧でしたね。)地元で取れた海の

ゴミ(昆布?海苔?ワカメ?)を撒くことによって肥料にするという方法を知り、とにかく、農業に対する考え方を変えられました



特に、窒素・リン等の、肥料成分が、外国から化学肥料を輸入することによって、日本の土地に濃縮されているというのは、印象的

でした。何故濃縮されるといけないかは聞かなかったと思いますが、個人的には赤潮の原因になるのでは?と結論付けています。

ただ、作ってる作物に、普通の農家が作っているような作物が含まれていなかったのは残念です。
変わった物しか作れないのか?って思い、一般的な耕す農法に劣るのでは?って思いました。

夜なべをやったときに、奥矢作で貰った炭からは、全く灰が出なくて、高級な炭ってスゲーって思ったんですが、あれは桜の木だったからなんですね。
あと、奥矢作で流木や間伐材をみて、木材は足りないから木は切ってはダメだとずっと教わってきたのに、実は切らなくてはいけないっていう事を知ったときは、物凄く衝撃を受けた覚えがあります。
漠然と、”地球に優しく”生きようと思っても、知識が伴っていなくては、全く効果がないんだと痛感した瞬間でした。

なべをしてるときや、五平餅を作るときに、豊根の地元の人と話をしました。漠然とした印象なんですが、すごく村が好きなんだなって事を感じました。信用金庫の話や、某教授のベストセラー本の裏話などを聞けて、ためになったし、楽しかったです。

最後に稲武で年輪を見に行きました。いろいろ説明を受けたけど、以外に年輪が複雑な形をしていて、うまく数えることが出来ませんでした。単純な多重の円になっていると思っていたら、大間違いですね。奥が深いです。

気に入ったので、また同じルートでチャリで豊根村行ってしまいました。今週は常滑行ってきましたよ??
[PR]
by kan_zyuku | 2008-02-20 21:14

最終レポート 林佑磨(pH)です!

最終レポート

①1年間で変わったと思うこと
 私が半年間で一番大きく変わったと思うところは、自分が常識だと思っていることは他人でもそうとは限らないと知ったことです。今更ながらな気もしますが。私が発表を行った際には、私の主観で「私たちはこう考えている」と、「私たち」という言葉を使ってさも一般常識のように私の意見を書いていました。これに関しては先生や基セミの皆さんからご指摘を受け、いかに独りよがりな発表だったかと恥ずかしく思いました。自分は環境問題にとても興味があるのですが、この問題は自分の主観を押し付けて解決する問題ではないので、今の段階でこのことに気付けて良かったと思います。
 また、発表に使う資料をもとに調査した際、データが多数のっている資料がありましたが、一体そのデータがいつ作られ、どんな機関によるものなのか分からず、信頼性が疑われるものがかなりありました。うっかりそのデータを発表で使ってしまったため、質問が来たら自分でもわけがわからない状況に陥っていました。つまり、自分は本の内容をうのみにしていたということになります。基セミを通して、環境問題というテーマで書かれた本(いや、その他の本に関してもそうですね)は、多くが私情をはさんでいる場合が多く、「完全に客観的なデータ」を得るのは難しいと知りました。そして、そうした本の内容をうのみして、視野が狭くなっている自分に気付けました。本を読んで知識を得ることは重要ですが、著者の私情を読んで、それは自分の意見であると錯覚してはいけないのです。本当にまだまだ自分は小さな人間です。基セミで周りの世界が広がった分、自分自身は小さくなったように感じています。

②もっと学びたいこと
 私は、最近興味がある事象が環境問題全般から、水資源の世界的な不足の問題に関することに移ってきました。アメリカでは五大湖を水源とする地域で紛争が起こりそうですし、アラル海はさらなる縮小を続けています。インドのガンジス川は汚水にまみれ、アフリカでは満足な水資源の不足によって毎日たくさんの子供たちが亡くなっています。日本だって例外ではありません。気候変動によって雨が降らなくなり、日本が乾燥化する可能性だって十分あります。アメリカには「いつか世界に水戦争がおこる…」と懸念している経済学者もいます。気候変動は、もしかしたら避けられないことなのかもしれない。でも、人間は(少なくとも私は)地球で生きていきたいと願うでしょう。そうした場合、最低限水は必要です。将来、安全な水資源を得るためにはどんな取り組みが必要なのか。そして、工学系の自分が貢献できることは何か。現在自分が一番有望視しているのが光触媒による水の浄化技術と、逆浸透膜による海水の淡水化技術ですが、果たしてこれが将来信頼できるのか。そうしたことを知りたく思っています。

③受験のアドバイス
 私は理系のくせに数学が苦手で、受験は苦労しました。なぜ入れたのか今考えると、高校の時はとにかく授業を大切にしていたからだと思います。授業は、受験勉強の第一歩です。私のクラスには塾に頼って途中からあまり学校に来なくなった友達もいましたが、私は学校で学ぶ権利を棄てて塾に行く意味がわかりません。それに、言い方が悪いですが、学校の先生を利用しない手はない!私の高校の時お世話になった先生は、授業時間外に数学の補講を開き、高1、2年次の数学の復習から始め、2次試験直前には名大過去問の攻略法を伝授してくださいました。また、英語に関しては、英作文を授業で毎回10問出す先生がいまして、放課後必ず先生の所に質問に行きました。1週間毎に自由英作文を先生に診てもらっていた子もいました。授業はもちろん大切ですが、時間外に自分から先生へアタックすることは重要だと思います。また、学校の授業自体はセンター試験後に終わってしまいますが、その後私は2次試験まで毎日学校に足を運びました。その結果、同じ学校を受験する友達と毎日顔を合わしたので、2次試験までモチベーションを保つことができました。学校って言うのはよく考えたら気兼ねなく質問できる先生がたくさんいるわけで、わからなくなったり悩んだりした時にすぐ対応できる。その点、家でもくもくとこんつめてやらなくてよかったと思っています。私の場合、自宅学習の通信教材も利用していましたが、それは学校での勉強の積み重ねがあったからこそ有効だったと思っています
 ということで日々の学校での授業を大切にしてください。結局言いたかったのはこれです。でも、一番大切なのはあなたが「何としても名大に入りたい!」という気持ちを最後まで持ち続けることです。幸いあなたは「環境学を勉強したい」という熱い気持ちを持っていますから、何があっても負けずに乗り切っていけますよ!!



最後になりましたが、基セミでお世話になった高野先生、TAのみなさん、そして一緒に頑張った環境塾生のみんな、後期間本当にありがとうございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-02-20 19:20

最終レポート

経済学部 なおやんです。

・半年間で自分が変わったこと
 ひとつは、自分が調べた事を周りの人にも知ってもらって共感してほしいなぁと思って、色々努力するようになった事です。よく途中で投げ出すことが多かったのですが、この基セミのプレゼンをして、自分なりに一生懸命調べて発表した事で変わったんだなぁと思ってます。
 もうひとつは、今まで以上に他人の意見に疑問を持つようになった事です。メンバーのプレゼンの内容が非常に深くて、ほんと様々な質問を素直にしたい!もっと知りたい!と思えるようになりました。そのおかげで人の話も少しは聞くようになったかと^^;

・もっと勉強したいと思ったこと
 もっと経済学的な観点を踏まえて発表したかったですね。これは僕が経済学部だからなのですが、経済学ってほんといろいろ他の学問と組み合わせて用いることができて、面白いんですよ。例えば、僕は一回目のプレゼンで「食塩と高血圧」の問題を取り上げたのですが、統計とか相関関係とかそういうややこしいことじゃなくて、食塩を摂取する人の行動とか、食塩非感受性の人の心理とか、そういう「選好」を副題にしてプレゼンしても、文理問わず楽しめるプレゼンとなって、面白かったのではと思います。こういう風に思えるのは、なにより自分が取り組んだ「食と農」についての興味が一層湧いたからだと思います。

・アドバイス
 えっと・・・短い期間しかお付き合いしませんでしたが、宮川さんは真面目そうなので、大丈夫です!とりあえず、分からない問題を極力減らす努力さえしてればOKです。名大に限って言うなら、基本さえ出来てれば絶対合格します。授業でたまにある、難しすぎる問題は別に完全に理解しなくてもいいと思います。それに費やす時間があるなら基本的な事をしっかりやれば大丈夫です。私的な事挟みますが、僕が名大に切り替えたのは、どこの大学を受けるかの書類を大学側に提出するその日、つまり最終日でした・・・。それでも合格できたのは、基礎がある程度身に付いていたからだと思います。だから今から準備してれば絶対大丈夫!今の調子で頑張って勉強に励んでください!楽しい大学生活が待ってます☆

・最後に
 半年間、高野先生をはじめ、TAの方達、メンバーのみんな、本当にお世話になりました、ありがとうございました。ほんと有意義な時間を過ごさせてもらいました。僕の中では、この一年で一番自分が成長できた授業でした。それになによりやってて楽しかったです。お疲れ様でしたー^-^/
[PR]
by kan_zyuku | 2008-02-20 02:13

最終レポート

経済学部しめじです。
一年間を通じてということでかきます。

◎一年間で自分が変わったこと
・プレゼン
最初に流れを決めるようになりました。
また、どういう質問がでるかを考えながら作るようになりました。
でもやっぱり出てくる質問は予想外で、いわれたら「あーほんとだ!」と毎回思いました。
あと、グラフの妙な動きに着目するようになったし、情報源にも気を使うようになりました。
人のプレゼンを質問を考えながら聞くことで、より入り込んで聞けるようになったかなとも思います。
まだまだうまくできませんが今後も意識していきます!

・考え方
ある物事について「これは持続可能か?」「どこが続かないからどうすればよいのか」と考えるようになったかなぁとおもいます。
また、ニュースで、これプレゼンで聞いたことある!と思うと興味を持つようになりました。
山=木=自然という思い込みも改めさせられました。
山は動物をはじめ多くを含み、原生林ではその中で循環がなりたっていることを感じました。
人工林がほとんどということにとても驚いたし、人間の手が加えられないから弱っていると知ったことも大きかったです。

◎もっと勉強したいと思ったこと
まだぼんやりとしているのですが、興味を持ったのは、社会や経済の続けられる仕組みです。
歴史や実際にある活動や仕組みなどをもとにしてもっと調べたいと思いました。
特に地域で、どういう仕組みを作ってどういう活動をすればどう改善されて・・・みたいなものをもっと勉強したいです。テレビ番組の「ご近所の底力」という番組で取り上げられている感じものです。

◎宮川さんへ
この時期つらいですよね・・・
私はとりあえず小さい時間から大切にする意識をしていました。「あー違うこと考えてた・・・」と自己嫌悪する30秒の代わりに一問でもといたり、ふと、思いついたときの3分をちょっと覚えられない単語に当てたり・・
30秒のつもりでも気がついたら15分してた!って喜んだりと自分には効果的でした。
あ、もしなかなか悩みのループから抜けれなかったらいつでもどんな風のでもメール大歓迎です♪
アドバイスはできないけど、外に出すと多少はすっきりするかもしれません☆

一年間すごく満喫しました!!いろいろ学べましたし、とっても楽しかったです!
環境塾を取ってよかったです。
ほんとうにありがとうございました 
[PR]
by kan_zyuku | 2008-02-18 16:05

最終レポート

経済学部 ゆーこです

この半年間で変わったと思うことは、いろいろな物の見方があるとわかったことです。理系の人は、やはり化学や生物など詳しいので、質問なんか聞いてても細かいところついてくるなぁと思ってました。私は細かいところまでわからないので、「これってどんなもの?」くらいしか質問できませんでした。なので、他の人の質問や意見を聞いていて、知らなかったことを知ることができました。それと、合宿を通して、自然がもっと好きになりました^^私は小学生の頃、毎年どこかに家族で登山しに行ってましたが、ひたすら登るだけでした。合宿の時の森林散策みたいな、歩きながら木とか葉っぱとか観察するのもおもしろいなぁと感じました^^

もっと勉強したいことは、引き続き「食」についてです。一番身近なものだし、最近ギョーザ問題とか赤福復活!とか、食に関するできごとがたくさん起こっているからです。ギョーザ問題は、中国の輸入物に頼っている→日本の食料自給率の低さにも繋がっている、ということがニュースでも言われています。発表でも取り上げたことだし、そういう問題についてもっと考えていきたいです。


宮川さん★うらやましいです!やりたいことが明確になって良かったですね^^高校生のうちに大学の授業に参加できるなんて、そうできないことだと思います。この経験を今後に活かしてくださいね。私が思うのは、やりたいことがはっきりしてるなら、かならずしも名大だけにこだわらなくてもいいんじゃないかなってことです。私の地元の友達は、行きたい大学とは違う大学に行くことになったけど、夏には大学近くの田んぼで稲育てたりして、自分の好きなことができてるみたいで、楽しくやってます。
いろいろ調べて、いろんな選択肢を探してみて、それでもやっぱり名大のこの環境がいい!!って思ったなら、それに向かって頑張るしかないと思います。
アドバイスになったか分かりませんけど、応援してます^^


半年間ありがとうございました。楽しかったです!
[PR]
by kan_zyuku | 2008-02-17 23:10

持続的なブログです。
by kan_zyuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のコメント

レポート提出お疲れ様でし..
by TA原 at 22:57
何時のどこ行きのバスに乗..
by TA原 at 14:54
わかりました
by 山田 at 23:05
阿部君 参加の件了解し..
by TA原 at 22:54
基セミの合宿に参加できる..
by 阿部 真也 at 17:42
はじめまして★ブログ拝見..
by 広角機動体 at 18:35

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな