地球環境塾

<   2008年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

最終レポート

遅くなりました。福村朱美です。

この基礎セミナーを通して学んだことはとても多かったと思います。

まずひとつめは合宿で炭焼きや薪割など、普段できないような体験をしたこと。ふたつめは身近にある森林についてのことです。
今まで人工林というものはただ人が木を植えた、とかそういう認識しかなく、林業をするひとや間伐については何も知りませんでした。それどころか前は「木を切ってはいけない」という風に考えていました。
しかし良好な森林を保つには間伐は必要なことだということがわかりました。
やはり変わったことをあげるとすれば、木を切るということに対する考え方の違いが一番変わったと思います。
また実際にいろいろな体験をしたり話を聞くなかで今の生活にはないもののすごさや、あるものを利用して生活していくということの大切さを学ぶことができました。

みっつめはやはりパワーポイントの発表です。
最初はまったくどうやってつくったらいいかわかりませんでしたが先輩が丁寧に教えてくれたのでスライドを作ることができました。しかし実際に発表してみるとうまく伝わらなかったり、勉強不足だったりして伝えることの難しさを痛感しました。

発表ではみんなのスライドをみてとても勉強になることが多かったです。
全然知らなかったことや、発表をきいて興味をもったことがたくさんありました。

この授業を通じて感じたことは自分がいかに知らないことが多いかということでした。
なにか問題があれば問題だけではなく、そこには生活しているひとがいるというあたりまえのことを忘れていたように思います。
まだまだ少ないとおもうけれど授業を通して知ることができたので、今度はこれからの循環型社会について考えていくことをしていきたいと思います。

この授業をとって本当によかったなあと思います。たくさん貴重な体験ができました。ありがとうございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-08-24 02:58

合宿の感想

白石 健人です。
遅れてしまいました。

蜂ぼいにおける山登りでは、
自分の体力不足を改めて実感させられましたが、
その一方で(だからこそ?)、
あの急斜面の坂をどんどん軽快に上がっていったあのご老人には、
尊敬の念を覚えました(驚異的な体力に畏怖の念すら感じました)。
自然に慣れ親しんでいる人というのは、
あのように、近代文明に浸りきった人間とは違って、
活動的で、健康的な生活を送っているのだろうと思いました。

さて、蜂の子自体は、(虫と思わなければ)かなりおいしくて、
(虫にあまり見えない調理法だったので)たくさん食べてしまいました。
山の自然と生命に感謝です。
(あまりにも食べすぎて、もうあまり食べたくないですが…)
また、蜂の子の将来を奪ってしまったことに悔悟感も生じ、
肉食性動物(おもに人間)の、
他生物を食すことでエネルギーを得ているということの意味についても
考えさせられました。

また、今回の合宿でも、間伐の重要性を再認識させられ、
特に、今遅れている間伐材の山からの持ち出しでは、
国が一体となって協力していかなければならないということに
気付かされました。

とにかく、このような貴重な体験をさせていただき、
本当にありがとうございました。
今後も、農村社会の利点と改善点について、
少しずつ理解を深めていけたらいいなあと思います。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-08-23 00:48

最終レポート

遅くなってしまってすみません。伊藤静香です。

前期の基礎セミナーが終わりましたが、この授業を選択して本当に良かったと思っています。
環境について興味があったために選びましたが、実際どのような状態なのかを感じて、大げさに感じるかもしれないけれど、世界観が変わりました。ずっとこのままではないのだと、目の前に示されて。
持続可能なあり方とはどのようなものか、考えるようになりました。実際自分はコンビニも利用するし、車を利用させてもらうこともあります。持続可能な生活、今の自分には不可能です。
環境に対して、何もできません。けれど考えることはできる。そのことをこの授業で教えていただきました。
このセミナーを取らなければ、無知のままでした。知ることができてよかったと思います。
合宿ではなかなか体験することができない経験をさせていただきました。林業について調べたこともあって、日本の森林に対して、その現状により興味を感じるようになりました。

新しい見方のきっかけを与えてくださったこの授業に感謝します。ありがとうございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-08-22 23:32

最終レポート

柳川麻子(あーさ)です。

この基礎セミナーをとって、自分が変わったことはたくさんあります。

まず自分でスライドを作って発表がができるようになったことです。
初めはたくさん調べただけで、なにをスライドに書けばいいのかとか
最終的になに言いたいのかとか自分でもうやむやでどうしたらいいのかわかりませんでした。
でもTAの先輩がいろいろ教えてくれてちゃんと作ることができて、本当に助かりました。
調べたことをそのまま書くのではなくて、
流れにそって、最後には自分の言いたいことが
伝えられるようにスライドを作るのはすごく大事なことだとわかりました。
発表も、どんな質問が来ても大丈夫なようにするのは大変なことなんだと思い知りました。
2回の発表の準備するのは大変だったけど、そのおかげで成長できたと思います。

みんなの発表を聞いて知識も増えました。
いままで何も知らなかった問題について考えるきっかけになりました。

また奥矢作の合宿に行っていろいろ話を聞いたり体験したりして、山を見る目が変わりました。
何の疑いもなく木を植えることは環境によくて木を切ることは環境に悪いと思ってたけど、
その考えもまったく変わりました。

テレビの環境問題のニュースも、いままでよりも考えながら見られるようになりました。

この基礎セミナーをとって本当によかったです。
ありがとうございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-08-22 22:01

合宿の感想

文学部 坂裕紀子です。

今回の合宿は前回よりも体を使ったという印象が強かったです。
蜂ぼいは初めての体験だったけど
まさか自分たちで蜂の巣を見つけることができるなんて思ってもいませんでした。
山は登ることは簡単だけど降りることのほうが意外に大変でした。
蜂の後を追って上ることは
足元をちゃんと見ていないと滑ったりするので
実際少し怖かったです。
山は慣れていないと危ないというけれど
あのおじいさんは自分の山を守るために山で仕事をしているから
急な斜面でもあんなに簡単に駆けあがれるんだと思いました。

山にはすごい価値があるとおもうけれど、価値がある山にするには
私たちがするべきこともすごく多いと思います。
人が手を加えてしまった以上
ちゃんと責任をもって世話をしていかないといけないんだと思いました。
先祖が残してくれたものを守ろうとしている人がいる一方で
なにもしていない人もいるので
少しずつでも山に対する意識が変わっていくといいなと思います。

あと、川遊びをしてすごく気持ちよかったけれど
雨が降って水かさが増したり、鉄砲水が来たりすることがあるんだと思ったら
自然て怖いなと思いました。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-08-20 11:38

最終レポート

文学部 坂裕紀子です。

この基礎セミナーは、ひとりで2回も発表するし、
合宿も内容がもりだくさんだったりで、
少し大変だなと感じたことはあったけど、
今まで知らなかったことも学べたのですごく良かったと思います。

発表するときのスライドの作り方など、
先輩がすごく丁寧に指導してくださってものすごく助かりました。

自分が発表することで、自分でも環境について考える機会がもてたけれど、
みんなの発表を聞いてみると、みんなは、私が思いつかないような視点で
物事をとらえていたりしていたので、驚いたし、参考になりました。


合宿では、日本の林業の問題点など、
話を聞くだけではなかなか理解できないようなことを身近に感じることができました。
また、合宿を通してみんなと仲良くなれた気がします。

この基礎セミナーをとらなかったら
きっと一生知らないままだったこともたくさんあると思います。
この基礎セミナーをとったからこそ身に付いた知識を大切にして、
環境を守るためには何をすればいいのか、考えることから始めていきたいです。

この4か月を無駄にしないようにしようと思います。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-08-13 14:00

最終レポート

最終レポート
 中瀬千恵(ちえこ)です。
 この基礎セミナーでは、他の基礎セミナーでは体験できない
たくさんの経験をさせて頂きました。
 まずひとつは、一人で発表することです。
小学校、中学校、高校でいろいろと発表する機会はあったのですが、
全てグループ発表でした。私はどちらかというとやる気のない性格なので、
たいてい調べるのは人任せで、発表は参加しても、
質問に答えるようなこともあまりしませんでした。
そのためこの基礎セミナーで発表することは本当に大変でした。
一回目の発表では、何からやればいいのかまったく分からず
、質問にはほとんど答えられず、焦りました。
でも二回目の発表では、少しやり方がわかり、
一回目の発表よりも準備は短い時間で一回目の発表よりはよい発表ができました。
この経験は、あるとないとではかなりの差があると感じました。
 また、森林について多くの知識を得ました。
下草についてや間伐について、
この基礎セミナーを取っていなければ知らなかったことばかりです。
この基礎セミナーをとる前なら、木は切らない方がいいとばかり思っていました。
間伐が足りていないとはまったく知らない事実でした。
 最後は、この基礎セミナーではいろんな人と仲良くなれたことです。
いろんな話が聞けて本当に楽しかったです。一期一会でした。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-08-11 21:17

写真一部アップしました。

はちぼいの途中までアップしてあります。

写真館で見てください。

ばってぃーやのてちゃんの動画が欲しい人は教えてください。

別便で送りますゆえ・・・
[PR]
by kan_zyuku | 2008-08-11 09:28 | 【重要なお知らせ】

豊根村合宿

能手良佳です。
今回の合宿で一番印象に残っているのは蜂ぼいです。
蜂ぼいは急な斜面がつらかったです。
80歳のおじいさんが山を駆け上がっているのをみて驚きました。
間伐の行ってある山の生きている感じが実感できてよかったです。
はちとかの生物がいっぱいいるし、下草も生えていて、
歩いていて、足の感覚も違いました。
間伐が大切っていう意味と間伐が大変な作業という意味が少しわかったと思います。
何匹ものハチがうごめくのを見て
気持ち悪いとか思ってしまったけれど
普段食べている肉とか魚とかも同じだと思うと
改めていろんなものの命を食べていることに気がつきました。
あと、夜星を見て少し曇っていたけど
たくさん星があって
今までの人生で見てきた3倍流れ星も見られて感動しました。
当たり前なことって地域とか人によって違うなあと思いました。
きっと豊根村は涼しくて、山があって星が見えるのが当たり前で、
それでおじいさんは山手入れするのが当たり前みたいな気がします。
自然にやれるのって大事かなあと思いました。
[PR]
by kan_zyuku | 2008-08-10 19:09

環境塾☆豊根村夏合宿

環境塾☆豊根村合宿

≪日程≫
2008年8月7日(木)~8月8日(金)
※雨天でも行います!!

 ≪合宿内容≫
そばうち,蜂ぼい,バーベキュー・・・など

 ≪集合時間≫
朝9:15に豊田講堂前に集合
※緊急連絡などは、TA森のケータイまでよろしくお願いします。

 ≪参加費用≫
7,000円
内わけは ・・・ そば打ち体験   1,300円
蜂ぼい体験   1,500円
 宿泊費    2,000円
 お酒代     500円
 食事代    1,700円  

 ≪スケジュール≫
  7日(木)
9:30  車で移動開始(豊根村に向かう)
12:00  宿泊施設『大入の郷』到着&昼食(各自持参)
13:30  蜂ぼい体験
夕方~  みんなでバーベキュー♪
  8日(金)
朝    みんなでご飯を作って食べる
10:00  そば打ち体験&昼食(@大入の郷)
夕方   名古屋大学到着&解散

 ≪宿泊施設≫
『大入の郷(簡易宿泊施設)』
      ~問い合わせ~
       〒449-0403
       愛知県北設楽郡豊根村下黒川蕨平2
       豊根村商工会内 大入の郷(おおにゅうのさと)事務局
       電話 0536-85-1033
       FAX 0536-85-1720

≪持ちもの≫
・7日の昼食
・お米1合
・動きやすく、汚れてもいい服装
     (次の日の着替えも必要です,
     蜂ぼいをするので長袖を一枚持って行くことをお勧めします)
・動きやすい靴
・雨具(合羽)
・帽子
・洗面用具
・マイ箸,マイコップ(できれば)
・軍手
・懐中電灯

責任者:高野 雅夫(環境学研究科准教授)
環境塾TA:森 梨絵
[PR]
by kan_zyuku | 2008-08-04 15:42 | 【重要なお知らせ】

持続的なブログです。
by kan_zyuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

レポート提出お疲れ様でし..
by TA原 at 22:57
何時のどこ行きのバスに乗..
by TA原 at 14:54
わかりました
by 山田 at 23:05
阿部君 参加の件了解し..
by TA原 at 22:54
基セミの合宿に参加できる..
by 阿部 真也 at 17:42
はじめまして★ブログ拝見..
by 広角機動体 at 18:35

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな