地球環境塾

<   2012年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ギリギリを楽しんでいる新堂の合宿レポートです



遅くなりましたが2日間お疲れ様でした。文章が拙いのはお許しください。
自分は合宿が楽しそうだからという大学生らしからぬ理由でこのセミナーを第1希望に選びましたが、楽しいだけではなく学ぶことや考えさせられることの多い合宿でした。しかし、その一方で個人的には後悔していることや反省していることが多々あることも確かなので、その点について書き記してこうと思います。
一点目としては事前準備が足りなかったことです。自給自足の生活を始めるにあたっての必要経費や農家としての年間収支、時事的な問題としてはTPPの導入についてなど、合宿を振り返ると聞いておけば良かったと後悔することが次から次へと浮かびます。松岡君や三浦君は理系学部として機械のことをいろいろと教わっていたので自分も経済学部として金銭面のことを聞いておけばよかったと思いました。
二点目としては今回の合宿の趣旨とは全くかけ離れたことですが、夜の懇親会で盛り上げ役を丹羽さんに完全に任せてしまったことです。これから社会に出ていく中で盛り上げる能力というのは大学生活で自分が一番身につけたかったものなので、懇親会のような場でもっと積極的にかつ上手に振っていけたら良かったと思います。
反省ばかり書いてしまいましたが、得ることがあったのも確かなのでそれを今後のプレゼンテーションに活かしていけたらと思います。

あと、話がそれますが授業を休んでしまったときにプレゼンテーションの方向性を決めたみたいなのでこの場を借りて発表したいと思います。自分は「食糧危機」について調べようと思います。理由は、最初のグループ活動の時に三浦君の、食糧危機の対策は人口の削減しかない、という意見に対してもっと前向きな対策を模索したいと思ったからです。

明日発表の人、期待しているので頑張ってください。


経済学部 新堂裕人
[PR]
by kan_zyuku | 2012-10-31 17:46

発表時配布資料について

こんばんは

株価の下落が止まらない気がする、TAの伊藤です。

来週からついに発表が始まります。
当日は発表資料を配布してもらうのでそちらの準備もよろしくお願いします。
遅くとも当日の昼休み中にはデータや印刷した実物を直接持ち込む、データをメールに添付して送る等の方法で私に届けてください。

印刷物を直接持ち込む場合はコピーのみになるので承知しておいてください。
不在の場合もあるので事前に一報頂けると確実です。
木曜は2限があるので少し遅れることもありますが、昼は大抵居室にいます。
居室は理学部E館5階513号室(カフェ最寄りのエレベーター出て正面)です。
 
データの場合はpdf形式でお願いします。
保存時にそれらしい項目があると思いますのでこの期に試してみてください。
もし印刷範囲の指定があれば教えてください。
メールに添付する場合は以前お教えしたアドレスにお願いします。

分からないことがあれば早めに連絡をください。


合宿の写真についてはもうしばしお待ちを。
自分、パソコンに強くないもので・・・


それでは発表準備頑張ってください。
[PR]
by kan_zyuku | 2012-10-25 18:49 | *講義ログ*

合宿の感想

こんにちは。教育学部1年の飯塚祐衣です。
まだ若干里芋堀りの腰の痛みが残っています。

合宿お疲れ様でした。合宿での2日間は貴重な体験ができとても楽しかったです。
そして高野先生、TAの伊藤さん、青山さん、ドライバー兼リーダーの岡村さん、基セミのメンバーのみなさん、なにより丹羽さん夫妻にはとてもお世話になりました。本当にありがとうございました。

この2日間の合宿では経験することのできないことを体験することができ、自分にとってとても価値のあるものとなったと思います。農作業と聞くと、あずきの選別のような淡々としたものではなく、どちらかというと里芋堀りのような体力勝負な感じをイメージしていたので、あずきの選別のような地味な作業をずっとすることもあるのだと思うと農業を続けていくのには相当な覚悟が必要なのだな、ということを感じました。また、今回は大人数だったものの、普段はこの人数よりもはるかに少ない人数でやっていると思うと想像するだけでも大変そうで、実際は自分が思っている以上にはるかに大変なことなのかなとも思い、もっと食べ物を大切に食べていかなきゃと思いました。

私は自宅生なので普段あまり料理をすることがなかったのですが、パスタのソース作り(炒めただけなんですけど(笑))をして、料理をすることの楽しさも改めて感じることができました。また、普段家で食べているご飯の材料はスーパーで買ってきたものばかりなのですが、今回食べたご飯の材料はほとんど丹羽さんの畑で作られたもので、特にあずきは自分たちが収穫したものということもあり、同じ料理であっても普段家で食べているものとは違って特別おいしく感じました。

この合宿では農作業の大変さや楽しさだけでなく、その他にも多くのことを学ぶことができ、人生の一つの良い経験となったと思います。この経験を活かしてこれから生活していけたらなと思います。また機会があれば是非丹羽さんのところに遊びに行きたいです。
2日間本当にありがとうございました。

基セミのメンバーのみなさんあと半年改めてよろしくお願いします!
[PR]
by kan_zyuku | 2012-10-25 14:47

合宿レポート

合宿レポート
法学部1年 関遼樹
今回の合宿を通して学んだことは「価値」と「コミュニケーションの方向性」についてです。
私が実家にいたときは基本的に野菜などは自分の畑で取れたものか直売所のような場所で買っていました。なので名古屋に来て一人暮らしを始め自炊するようになって野菜がとても高いように感じていました。しかし小豆の収穫の作業を通して「製品」として農作物が市場に出回るまでにたくさんの人の手が入っており選ばれたものしか市場において価値がつかないということを学びました。いままで私は食べる側からの視点で形が悪くても味は同じなのだから価値として同じものとして扱ってもよいのではないかと思っていました。しかし今回農家、作り手側からの視点にたって考えたときに選定という過程に付加価値をつけなればやってられないと感じました。
人と人とのつながりということを丹羽さんも高野先生もこの合宿の中で強調していました。人と人とのつながりを形成していく上で確かに会話やメールは重要なコミュニケーションツールです。しかし協力して作業することもコミュニケーションツールになり得るということを学びました。会話やメールは対面的なコミュニケーションであるのに対して協力して作業するということは隣にたつ平行的なコミュニケーションだと思います。対面的なコミュニケーションは両方が能動的に努力していく必要がありますが平行的なコミュニケーションは自然と取れるようになると感じました。また会話以上に協力して作業するということは人の姿を深く伝えるのだと最後の丹羽さんの話を聞き、感じました。私は人とつながりを感じながら生きていくことは必要不可欠なことであり最も大事なことだと思っています。私もつながりをもつ家族が作れるようにこれからを生きていきたいです。
[PR]
by kan_zyuku | 2012-10-25 10:36

合宿レポート

こんばんは、石田理奈です。合宿お疲れ様でした。少し時間が空いて
しまいましたが、2日間を簡単に振り返ってみたいと思います。

今回の合宿では岐阜県中津川市の丹羽さん夫妻にお世話になりました。
芋掘りと草むしりをするらしいと聞いていたので正直めんどくさいなという
思いがありましたが、実際に行ってみると小豆の収穫やピザ作り、薪割り、
ぜんざい作り、里芋掘り、鶏ちゃん料理に麦の種まきまで貴重な体験をたくさん
させて頂き、普段では考えられないような密の濃い時間を過ごすことができました。
もちろん1つ1つの作業は単調で根気のいるものが多く、途中何度か音を上げて
しまいそうになったこともありましたが、皆と一緒だったからなんとか最後まで
続けることが出来たのだと思います。「農業はひとりじゃ出来ないから、皆で知恵を
出し合って少しずつ手探りで答えを探していくんだ。」と丹羽さんが仰っていたのを
思い出しました。確かに自給自足の生活は想像していた以上に大変そうだと身を以て
実感しましたが、それ以上に他の人と協力して同じ作業をする一体感や居心地の
良さのようなものは、普段の生活では忘れられがちですが人間として生きる上で
とても大切な感覚ではないかと思いました。私ももし2012年以降も世界が存在して
いたら(笑)、真剣に自給自足の生活を考えてみようかと思います。
あと、作業だけでなく1日目の夜の懇親会(スプーンがあって本当に良かったです。)や
温泉もとても楽しく、大袈裟ですがやはり人は1人では生きていけないなと感じました。

ところで、持続可能な社会について少しでも手掛かりを得ようというのが今回の
合宿での私のささやかな目標でした。結局大したことは思いつかなかったのですが、
里芋掘りの時に丹羽さんの奥さんがしてくださった話の中に「昔は田んぼごとに
山が割り当てられていて、人が薪や畑の肥料にする枯葉を集めるために山に入る
ことで山も間伐されて良い状態を保つことができた」というものがあり、世間では
森林保全だとか「環境を守るため」の活動が叫ばれていますが、やはりただ環境を
守るのではなく、自然と人間が互いを必要とするような、持ちつ持たれつの関係を
築けるようなシステムを構築することが大切ではないかなと思いました。ただ漠然と
思っただけだしわざわざ言うほどのことではないかもしれませんが、丹羽さんの
奥さんが仰った「だって必要じゃなければ山の手入れなんてしないし、」という一言に
なるほどなと感心させられました。

長くなってしまいましたが、最後に2日間温かくもてなしてくださった丹羽さんや
奥さん、合宿を企画してくださった高野先生、運転だけのつもりがうっかりリーダーに
なってしまった岡村さん、合宿を通して年上の威厳が危うくなった伊藤さん、年上
らしく場に応じて適切なアドバイスを下さった青山さん、一緒に合宿に参加した
基セミのメンバーのみんな、本当にありがとうございました。今回の合宿をこれからの
授業に生かしていけたらと思います。
[PR]
by kan_zyuku | 2012-10-24 21:38

合宿感想レポート

20日と21日の一泊二日は、半日かかってバケツ一杯しかとれないアズキの収穫や半日かけても半分も終わらない畔の草刈り、挙句の果てには座っていても立っていても痛い臀部の筋肉痛に見舞われ、農作業の辛さをこれでもかと味わった週末でした。

この合宿では、前述したような農作業の大変さの実感だとか、自ら収穫した作物を食べる感動だとか、薪ストーブの温かみだとか、それらすべてをひっくるめた自給自足的な生活の醍醐味だとか、様々なものを体感することができましたが、僕がこの合宿に参加して良かったと思っている最大の理由はそうしたものではありません。

これはさすがに自分で言っていながらどうかと思いますが、懇親会において僕はTAの方々や丹羽さんとばかり話をしていた気がします。しかしながら、そのおかげで普段大学に通っていては絶対に聞くことはないような話を聴くことができましたし、僕のほうも、あれだけ自分の思っていることを語ったのは実家を離れて以来のことでした。独自の人生観というのか、やはり苦労を積んできた方の言葉というのは重みと面白みがあり、あの夜を過ごせただけでも合宿に参加した甲斐があったと思えますし、その会話のなかで自分のコンプレックスを再認識できたことは大きな収穫でした。
たった一泊しただけでこれほど人間を変えてくれる場所というのはそうそうないのではないでしょうか。

春休みは山に登る予定もないので、毎年恒例春のロングツーリングの行先を今年は丹羽さん宅にしてみるのもおもしろいかもしれないと、そう思っています。

                                           農学部生物環境科学科 三浦 光
[PR]
by kan_zyuku | 2012-10-24 20:29

合宿レポート

教育学部の柏木哲です。

あずきを収穫したり薪暖房を使ったり畑を耕して種をまいたりと楽しかったが、とても大変な作業ばかりでした。
今不自由なく生活を送れていればそれに満足して未来のことを考えないのが人間であり、実際に何か問題が起きてから対策を立てるのが人間だと思います。それは一連の原発問題がものがたっていると思います。
持続可能な社会を作っていかないといけないのは誰もがわかっていると思います。しかし、石油があり食糧があり電力がある現代の人々は、大変な作業をしなければならない持続的な生活について考え取り組んでいくのは難しいと思います。

では、なぜ丹羽さんのように実際に持続可能な生活を送ることができている人がいるのでしょうか。
それは自分たちの力で生活していくことで「生きている」ことを感じられるからだと思いました。
自分たちで収穫したあずきで作ったぜんざいや産みたての卵はとてもおいしく、薪を切ってそれを燃やした薪暖房は体だけでなく心も温まっているようでした。また、山々に囲まれて畑を耕しているときは大地からパワーをもらっているかのように力がみなぎりました。
全ての活動において地球上で生きていることを感じられた2日間でした。また、建物に囲まれてコンクリートの上で生活しているだけでは感じることのできない貴重な体験でした。
今生きている人たちにも未来のためだけでなく、自分にとっても持続可能な生活をすることは意味のあることだと知ってもらうことが大事なのではないかと思いました。

2日間おつかれさまでした。そして、このような素晴らしい機会を提供してくださった高野先生、私たちのサポートをしてくださったTAの方々、農業や持続可能な社会やそれらとは全く関係ないけど生きていく上ではとても大事な話をしてくださった丹羽さん、私たちの身の回りのお世話やおいしいご飯を作ってくださった奥さん、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。
みんなとも仲良くなれたのでとても楽しい合宿になりました。これで終わらせず、みんなで良い授業にしていきたいと思います。

最後に、合宿の次の日には胃もたれになって、その次の日には筋肉痛になって若さの欠如を感じました。
[PR]
by kan_zyuku | 2012-10-24 19:01

合宿レポート

合宿お疲れ様でした。

あずきとりを始めた時は、
地味な作業とか好きだしあまり苦痛を感じなかったけれど
なぜか薪をのこぎりで切り始めた時には心身ともに辛かったです。


整備されていない森林があり、それが問題となっている中で
間伐を行ってその木材も有効活用出来るし
薪ストーブは便利だ!
と軽い気持ちで思っていて
火をつけるまでの過程なんて何も考えていませんでした…
やはり自給自足の生活というものはとても難しそうです。
特に、私のように考えなしに物事をすすめていては
とてもやっていけないなと思いました。
まずは薪ストーブについての基礎知識を持たなきゃいけないなと感じたので
早く発表準備を始めたいと思います。

2日間というたった短い時間だったけど
ここには書ききれないほど
本当に多くのことを学べました。
今回の経験を活かして
何をするにも真剣に取り組み、継続していけたらなと思います。


丹羽さんや奥さんにも、農業のことだけでなくいろいろなお話が聞けて
ほんとうにこの合宿に参加してよかったなと思います。
先生やTAさん、岡村さんを含め、本当にありがとうございました!
一緒に合宿に参加した皆も、それぞれいろいろやってくれてありがとう。
すっごい楽しい時間が過ごせました!
毎週ペースで合宿に行きたいレベルですがそれも叶わないので
またいつか一緒に丹羽さん宅に行けたらいいなと思います。笑

                   
                   021200319  近藤穂花  
[PR]
by kan_zyuku | 2012-10-24 14:54

合宿 感想

 こんばんは。工学部、松岡勇輝です。
合宿の感想です。


 この土日、名古屋での人、ビル、自動車に囲まれた生活とは
正反対の生活を体験することができました。
基セミを受講していなければ、
課題をして、パソコンをいじって、だらだらして、
っていう感じの平凡な2日だったと思います。
特別、記憶にも残らないようなありふれた土日ではなく、
加子母から帰ってきて2日が経った今でさえも、
今回の合宿のことを思い出して、懐かしさやさみしさのようなものを感じられる、
こんな貴重な体験ができたことを本当に嬉しく思います。

 天気にも恵まれた2日間で
さまざまなことを体験することができました。
小豆の収穫、ピザ作り、薪暖房、
里芋掘り、畑の草刈、麦の種植え、水路掘り、郷土料理のけいちゃん作り
とにかく全部が、僕の好奇心をそそり充実した時間を過ごせました。
それはとても「密」な時間でした。
実際に自分の体を動かすことで、本で読んだりインターネットで調べたりするのとは
くらべものにならないくらい、勉強になったと思います。

 そしてこの合宿が素晴らしいものになったのは、
なんといっても、丹羽さんのおかげだと思います。
ほとんど初対面の僕たちを、うまく打ち解けさせてくださり、
夜の懇親会では場を盛り上げてくださり、
本当に感謝、感謝です。
必ずまた、丹羽さんのところに行きたいと思います。
最後に丹羽さんが言ってくださったように、
これから工学の道に進む中で、実地を大事にしていきたいと思います。
これは全部に当てはまると思います。
とにかく興味のあることは
自分の手で何でもしてみて経験する、この気持ちを忘れないようにします。
あと、
麦の畑が中途半端で終わってしまったのは、申し訳なかったです。

 基セミのメンバーの子たちともかなり仲良くなれ、
今回の合宿は最高の思い出になりました。
もうこの合宿のような機会はないのかと思うとさみしい気もしますが、
とりあえずこの基セミが終わるときまで、
このメンバーでたくさんの思い出を作っていきたいです。
[PR]
by kan_zyuku | 2012-10-24 01:26

レポートについて

TAの伊藤です。

2日間の合宿お疲れ様でした。
今回のレポートの確認です。
合宿を通しての感想や皆さんが学んだこと等を掲示板に書き込んでください。
期限は次回授業時(10月25日)までです。
授業前に目を通せることを期待しています。
[PR]
by kan_zyuku | 2012-10-21 20:56 | 【重要なお知らせ】

持続的なブログです。
by kan_zyuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

レポート提出お疲れ様でし..
by TA原 at 22:57
何時のどこ行きのバスに乗..
by TA原 at 14:54
わかりました
by 山田 at 23:05
阿部君 参加の件了解し..
by TA原 at 22:54
基セミの合宿に参加できる..
by 阿部 真也 at 17:42
はじめまして★ブログ拝見..
by 広角機動体 at 18:35

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな