地球環境塾

<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

合宿レポート

理学部  吉田健太

合宿中やその後に度々、農村と都会を対比していくなかで、「(生活の)豊かさ」とはなんなのかという話題が挙がった。
僕の考える「豊かさ」は、youtubeのキャッチフレーズではないが、「好きなことをして生きていく」ことだ。

都会で生きていくということは、多くの場合、会社で働いて、その給料で働いた分以上の体験を積み上げようということ。時には給料のためと割りきって耐え難きを耐えなければならないかもしれない。

その生活を批判するつもりはないし、おそらく僕の行く末もそうなることだろう。会社で働くことには、個人レベルでも、国家レベルでも大きな意味があるのだから。

自分の好きなことをすればいいと思うが、なにも都会だけにその機会が限定されているわけではない。選択肢の一つに「農村」があれば素敵だと思える合宿だった。
[PR]
by kan_zyuku | 2015-11-02 22:58 | 合宿@東栄町

合宿レポート




東栄町。



愛知県の東端に位置するこの町で、私が最も感じたのは一体何だっただろうか。それは、共同作業の楽しさであり、町を想う人々の熱い思いであり、都会とのあらゆる面における差異であり、『豊かさ』であったのだが、それらは私の一体何を変えたのだろうか。


合宿の反省の時、私は勿論他の方々も頻りに『豊かさ』という言葉を使い、自分の率直な気持ちを述べていたが、合宿の全ての行程を終え、東栄町をあとにした私は『豊かさ』という曖昧な言葉の輪郭を見失ってしまったような感覚に陥った。

豊かさとは何なのか?
私は自分が「これは豊かさってやつだ!」と思えるような事があるのなら、それが豊かさってやつなのだと思う。

東栄町は確かに豊かだった。また、名古屋も確かに豊かである。地球上には他にも色々な豊かさがあって、人々の心を、体を満たす。
しかし、それらは必ずしも同じものではなくて、そして、どれが良いとか悪いとかそういう類のものでもない。結局のところ、どんなものを求め、選ぶのかという話なわけで、その決定権は自分にある。

では、私が求める豊かさとは何なのか?
結論はまだ出ていない。だが、今回の合宿は少なからずその選択に影響を与えるような経験だったと思う。将来、東栄町で感じたような豊かさを選ばなかったとしても、この先何かに行き詰った時に、何かの手掛かりたりうるような経験だったと思う。そういう何かだったと思うのだ。


情文1年 尾崎早織

[PR]
by kan_zyuku | 2015-11-02 22:37 | 合宿@東栄町

合宿で感じたこと

1泊2日の合宿でたくさんの経験をしました。どの経験も楽しかったし、心の糧にも知の糧にもなったと思います。まず、原さんのお宅に入ったとき、どこか懐かしさを感じ、まるで今までに何回か原さんのお宅に入ったような感覚がありました。とても不思議でした。原さん宅の、私たちを迎えてくれる温かさは、田舎ならではだと感じました。料理もとてもおいしくて、素材の味がして、「原さんが育てた野菜の味」がしました。「自分が掘ったさつまいも」も、「金城さんやみんなとつくった食事」も特別においしく、野菜本来の味が本当にわかりました。作っている人がわかる、材料が作られている地域を知っているということが、食べ物をさらにおいしくしているということが分かりました。食べ物が安全、安心、新鮮であると認識することが、さらに料理のスパイスになり、残さず食べようと思えるようになるのだと、合宿でしみじみ感じました。


 お話を伺った方たちはみんな、町おこしに最前線で奮起されている方達で、とってもかっこいいと思いました。町おこしのさまざまな工夫を、村の自然や文化をのこしたいと実際に運動している方達から聞けたことは、以前から町おこしなどをメディアでみて興味を持っていた私にとって大変感激するものでありとても勉強になりました。町おこしの事業を立ち上げる前も立ち上げてからも、苦労や思い通りにならないことがたくさんあったと思います。お話を伺っているとき、私は以前、大学推薦入試の面接試験の際に、面接官から「あなたが町おこしの事業をやりたいとしても、反対する人たちは少なからずいるでしょう。そのときあなたはどうやってその人達を納得させますか。」というような感じのことを質問されたことを思い出しました。私は当時、話の意味は分かるけどどうしてそのようなことを聞いてきたか理解できませんでした。合宿のお話で行政も地域の人たちもみんなが協調すること、一緒にやることが大事であるということが大事であると学び、改めてその質問について考えることができました。


 「本当の豊かさ」とは何かについて考えました。私は合宿を通して本当の豊さとは心の豊かさなのではないのかと思いました。星がきれいなこと、山並みがきれいなこと、農作業の大変なこと、達成感、食べ物が特別においしいことなどたった1泊2日でたくさんの感情を学びました。1日中twitterやLINEをさわっている私を含め現代の若者たちは、はたして心が豊かなのだろうか、いや豊かではないなと感じました。都会が便利だ、豊かだと思っている固定観念をもう一度考え直し、田舎で得た心が豊かであるという感覚を、忘れたくないと思います。  
                  経済学部 山口 綾穂
[PR]
by kan_zyuku | 2015-11-02 12:38

合宿レポート

 工学部物理工学科1年の丸山凌平です。
合宿の感想文を書きたいと思います。

 今回は、東栄町で1泊2日の合宿は本当にたくさんのことを学び、考えることでできた充実した生活を経験させてもらうことができました。僕の住んでいるところとは別の文化に触れることができたように感じ、新たな価値観や異なる視点を自分の中に持つことがではないかなと貴重な2日間を過ごせたような気がします。

 大学からたった数時間でくることできた東栄町ですが車を降りるとそこは別世界のようで、自然の豊かさに圧倒されていました。はじめに原さんの家におじゃましたのですが、どこか懐かしい故郷のようでもあり逆に新しさも感じるような場所でした。そこにはかまどや昔ながらの炬燵があり、確かに最新の家電製品などはありませんが魅力にあふれた家でした。お宅でごはんをいただいたのですが、ほとんどを自給自足で過ごしているようでした。僕らもその手伝いとして芋ほりを手伝ったのですが、大人数で行ったので早く終わったものの自分一人だとまだまだかかっていただろうし、収穫にいたるまでもちろんいくつもの過程をふんでおり、自給自足の大変さや協力の重要性に気づきました。ほかにも自分は便利さに依存していたのだなと思いました。あふれる情報にも供給される食べ物にも。しかも僕らはそれをごく当たり前のように受け取ってきました。そんな慣れにもここにきて気づくことができました。
 1日目の三人の方々のお話で地元のことにも考えさせられました。お話を聞いていると本当に地域活性についての真剣さや東栄町を良くしようとする思いなどが伝わってきてこういう人たちがいるから地域がより良い方向へ進んでいくのだと思いました。逆に都市へ行くと、そういったことは他人任せで何か都合が悪くなったときだけ口を出すという感じに思われます。自分も三人の方々ほど地元のことを考えられているかというと絶対にそんなことはないと思うので自分も地域のためとなるようなことを少しずつでも考えればなと感じました。

 2日という短い期間ではあったので田舎の良さなどをすべて理解できたとは思えませんがこういった暮らしの良さを自分なりに少しは感じることができたのではないのかなと思いました。ゆったりとした時間に身をゆだねて、ひさしぶりに時間を全く気にせず生き生きと過ごせたように思います。この合宿を本当に楽しく過ごすことができました。最初から最後までやさしく接してくださった東栄町の方々、本当にありがとうございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2015-11-02 07:36

合宿レポート

東栄町の合宿を終えて

一泊二日の合宿を終えて感じたことや考えたことを大きく二つに分けて述べていきます。


まず「村おこし」について

 今までの村おこしに対するイメージでは、とにかく現地の人が都市に出向いて地元の特産物や他にはない風俗を宣伝する、といったものでした。今回の合宿を通して考えてみると、村おこしの内容はイメージ通りでしたが、村おこしに取り組む主体がイメージとは違っていました。というのは、確かに「現地の人」が行っているのですが、みなさんいわゆる「Uターン・Iターン」をした方々であったということです。一度都市生活を経験して、それでもなお故郷の土地を守ろうと活動を立ち上げた方たちでした。あの方々の姿勢を見て僕は、都市生活を送りそこでの価値観を持つようになっても農村には守り続けるだけの価値があるのだと気づきました。またこれは高野先生のお話にあったのですが、「村おこしを成功させるには、その村でしか過ごしたことのない大人たちの意識が変わらなければいけない」といことで、これもまた初めて聞いた意見で驚きました。もちろん僕たち「都市」の人々ももっと農村の生活や風俗を知るべきですが、やはり受け入れる側が一丸となって積極的な宣伝をしていかなければならない、ということでしょうか。現地の方のお話で他の企業や事業と提携して村おこしをするプロジェクトもあると知り、その意味でも村おこしに対するイメージは大きく変わりました。


次に「ゆたかさ」について。

 他のメンバーの人たちからも「本当のゆたかさってなんだろう」とか「農村での生活のほうが、ある種ゆたかなんじゃないか」とか言われていましたが、僕は断然都市のほうがゆたかだと思います。都市はゆたかで便利だと思います。しかし、農村の生活にゆたかさがなくて不便だからといってずっとイライラして過ごしていたわけでもない。なぜでしょうか。もちろん「合宿」であったことも関係あるでしょうが、僕の考えとしては農村の生活には「限界がある」からだと思います。反対に都市の生活には「限界がない」のです。例えば、東栄町の一部ではインターネットがつながりませんでした(通信会社でも差があるようでしたが・・・)。そうするとスマホはほとんど使えない、スマホの使用に限界がくるわけです。一方、都市では確実につながります。そうすると次は「もっと早い回線を開発しよう」と、よりよいサービスを目指します。スマホの使用に限界はありません。しかし、少しでも都市で回線が乱れると大勢の人が迷惑するしイライラします。都市の生活はこのような事例がたくさんあります。「より効率的な○○○」、「より多くの×××」。ちょっとでも現状より非効率になったり供給量が減ったりするとみんなすぐイライラして、怒り出す人もいるでしょう。しかし農村には何にでも限りがあります。食料、物資、サービス・・・ その限界にいちいち腹をたてていたらきりがないのでそこはいい意味で「諦めて」生活していく。そうすれば、余計なイライラを感じることはなく自然な感情で生活を送れるのではないのでしょうか。
 『老子』のなかで「知足者富」(「足るを知る者は富む」)ということばがあります。現代の私たちに必要なこと、そして持続可能な社会を実現するためのカギは、まさにこのことばにあるのではないかと思います。

 今回一泊二日という短い期間でしたが、普段の大学の講義では決して学ぶことができなような学習をすることができました。合宿を通してお世話になったDanonや農家の方々、村おこしに取り組んでいる関係者のみなさま、地球環境塾のグループ、そして東栄町に、このような有意義な体験をさせていただいたこと心より御礼申し上げます。

                                   
                                  平成27年11月2日
                           名古屋大学 法学部 1年 南雲裕貴
[PR]
by kan_zyuku | 2015-11-02 02:02 | 合宿@東栄町

合宿レポート

合宿を終えて 
               工学部物理工学科一年 中嶋大志

 長いようで短かった東栄町への合宿を終えて一週間がたちます。
たったの二日間の日程でしたが、長く感じられたのはその分内容を充実させることができたからだなのでしょう。そんな合宿を通じて感じたこと、今振り返ってみて思うことをこのレポートに記したいと思います。

 合宿で最も感じたことといえばやはり、生きる上での豊かさ、というものです。以前までの自分がこの言葉を聞いてとっさに連想するものは、いかに楽にほしいものが手に入るか、いかに苦労をせずに物事を終わらせることができるか、ということだったと思います。しかし今回の合宿の中で、本来はそんなものなくても気づかなくてはいけないものなのかもしれませんが、それらは生きる豊かさには全くもって直結していないと感じるようになりました。そして新たに考えるようになったのが、安らぎがあり、苦労があり、それに伴う達成感があるような生活というものです。はじめにお邪魔した原さんのお宅でサツマイモ掘りの体験をさせていただきましたが、一発目を掘り終えたとき、大きなものを掘り終えたとき、全部掘り終わったとき、あの短い時間の中で何度も気持ちの良い達成感を味わうことができました。それは掘っているときの苦労があってこそのものだったのだと思います。
 原さんのような人たちは、種芋?をまいて、ある程度そだったら間引きして、適度に世話をしてやっとこさ大きくなった時に掘り始めるという、今回体験したこととは比にならないほどの苦労を経て芋を掘るので、その時の達成感はそれはそれは大きなものなんだろうなと思います。さらには、作業につかれたとき、お気に入りの場所だという山の木々に囲まれた場所にあるハンモックで休息をとるのは、素晴らしい爽快感と安らぎを与えることが容易に想像できます。原さんを見ていると、本当の意味での豊かに生きるというのはこのことなのかなぁ、と感じることができました。

 また、自分は田舎と貧しさ、都会と豊かさというのを無意識のうちに混合していたようにも感じられます。確かに都会には様々なものがあり、多くの人であふれています。ただし、それはあくまでそこにあるだけで、むしろとれたての食べ物を食べることができ、隣人との深い関係を築けるという点では田舎のほうが贅沢だということもできます。もちろん都会のほうが良いところも多々あるでしょうが、一概に都会賛美をするのは愚かしいことだった気もします。
 いままで自分で考えもせずに、自分以外の人の考え方による情報を鵜呑みにしていたのかもしれないと、三崎さんのおっしゃった「本当に都会が便利なのか」という言葉にハッと気づかされました。

 この基礎セミナーのテーマでもある。持続可能性について少しだけ述べさせていただきます。
 エネルギー環境的な地球の持続とは大きく離れてしまうのですが、社会の持続について、大切なのは内部の人の努力なのだなと感じられました。伊藤さん三崎さん大脇さんをはじめとするNPO法人てほへの東栄町を知ってもらおう、人を呼び込もうという熱心な活動によって東栄町は持続しており、もし仮にそれがなければすでに限界集落に、あるいは廃れているかも知れない。そのようなことを考えると、村の存続は外部ではなく内部、特に住民の動き、そして行政との連携が必要なのだと思いました。
 そして以上のようなことを基礎セミナーのテーマ「持続可能な暮らし」に当てはめると、社会環境の存続にはその社会内部の人たちの働きかけ、連携努力が必須であり、スケールを大きくすると、地球の持続には各国政府だけでなく、地球の住民である私たちも率先して地球を守るべく働きかけることが重要であるというように感じられました。今後自分はセミナー内で再生可能エネルギーである太陽エネルギーを利用した発電に関する発表をするつもりですが、地球の住民としての意識を持って、より真摯に取り組もうと思っています。

 最後に、原さん・伊藤さん・大脇さん・三崎さん・danonのお二人をはじめとする東栄町の皆さま・先生方、このような素晴らしい機会を提供していただき、本当にありがとうございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2015-11-02 02:00 | 合宿@東栄町

合宿レポート



合宿、お疲れさまでした。二日間、都会では出来ないことをしたり見たりできて、とても楽しかったです。東栄町について何も知らなくて、いろいろなことを知ることができ、自分の視野が広がりました。いろいろなお話や、体験をさせてくださり、ありがとうございました。

今回、東栄町の方々をみて、暮らしの『豊かさ』とは何だろう、と考えるようになりました。都会の方が便利だけれど、生き生きと暮らしているのは田舎の人たちで、都会の人たちはせかせかと過ごしているだけな気がしました。何を優先させて暮らしていくのかの違いなのかな、と思いました。時間に追われず、のんびり生き生きと暮らしていく人生もいいな、と思いました。 

さつまいも堀りは、折れずに掘り出せたときの達成感がありとても楽しかったです。大人数で協力して行ったので、早く終わったし、“楽しい”と感じている間に終わったのかな、と思いました。農業をする中で、近所の人たちの協力が必要不可欠だと分かりました。都会には、このような結びつきがなくても便利だから暮らしていけるせいで、お年寄りの孤独死などの問題が発生しているのかな、と思いました。

高齢化とか少子化とかよく言われているけれど、自分の周りでそのことを実感することがなっかたけれど、65歳を超えた人たちが花祭りを支えていて、小学校は廃校したり学校にバスで通っていると聞き本当に深刻で、自分の認識があまかったことを知ることができました。東栄町の方々全員が、花祭りを大切に思っていてすごくいいな、と思いました。私は、地域のお祭りにほとんど参加していなっかたので、そいうことから見直していこう、と思いました。

東栄町には、UターンやIターンの人達、私たちのような都会の人達を温かく迎えてくださる優しい方や花祭りを盛り上げたり、産業、観光などで東栄町を多くの人に知ってもらおうと活動されていらっしゃる方が多くいるから、他の田舎の町にはないものがあるのかなと思いました。


                           名古屋大学附属高校   村井里帆 
[PR]
by kan_zyuku | 2015-11-01 20:51

合宿レポート

経済学部1年生川太郎です

不思議な感覚のままいつの間にか過ぎていった2日間の合宿から帰ってきた翌日の朝、電車の時間に追われてどたばたしていることにいつも以上に嫌気がさし、東栄町での2日間はすごくゆったりとした幸せな時間だったなと実感しました。そんな幸せな時間の中でたくさんのことを感じ、学び、考えさせていただきました。

まず東栄町で2日間を通して出会った年配の方々の皆さんがすごく元気で楽しそうに笑い合っていらっしゃっていたことが印象的でした。決して便利であるとは思えない現在の東栄町での生活に心から満足している証拠であると考えられるでしょう。豊かな生活とは何なのか。ということを考えさせられました。

1日目の夜の三人の方々のお話には自分のこれからについて深く考えさせられました。志多らの研修生は携帯を没収される。それは感受性を養うためであり、携帯のメールなどは考えたり感じたことでなくても文字さえ打てば表現できてしまう。それでは本来の感受性が養われない。という言葉は、感受性の無さを心中嘆いていた自分の心に響き渡りました。また3人の方々のように本来違う職種である人たちが東栄町を良くしようという同じ意識を持って協力し合っていることの素晴らしさ、自分の地元のため、地元でなくとも愛着のある地域のために厳しい生活をしたり安定していた職を辞め改められる生き方に心惹かれて将来そのように強い意志を持って人生を送りたいと強く感じました。そしてこれは以前から少し考えていたことではあったのですが、どのような職業についたとしても地域のためになる仕事がしたいという思いが一層強くなりました。

また地域の活性化には行政と民間の協力が不可欠だと感じました。どうしても行政が何もしないから地域がよくならないという考えを持ちがちですが、行政と協力しながら自らが動いて変えようとするそういった人たちがいることで行政と民間との信頼関係もうまれ、その結果として東栄町のような町づくりが進められるのだと思います。そしてもう一つ、UターンやIターンのような人の存在も大きいと感じました。やはりずっと田舎暮らしをしてきた人に比べて地域外における人脈は多く会社務めなどで培った経験や知識も豊富で、地域をよくしていく上で必要な要素だと思います。

そしてなんといっても原さんのお宅やdanonで食べた食事はどれも美味しかったです。苦労して野菜を収穫する過程を体験させてもらえたことでより美味しく感じました。自給自足の生活でしか味わえない感動でした。

最後に、今回の合宿では基礎セミナーのメンバーとの仲を深めることもでき、自分の将来について考えるきっかけともなりました。本当に参加して良かったと思っています。また東栄町という素晴らしい町に出会えてよかったです。ありがとうございました。



[PR]
by kan_zyuku | 2015-11-01 20:39

合宿 レポート

◆ 合宿を終えて
                                     丹羽仁美

 「便利」とは、なにか困っている事象を解決するひとつの手段 

ある側面では解決されている。 
でも、ほかの解決方法もあるのではないか。

そんなふうに考えるきっかけを得た時間だった。

たとえばレトルト食品。
忙しく、帰宅してからの家事は大変で それを解決するために工夫されたもの。
味付けに自信のないものも助けられる。

ダノンで頂いた料理はまるで違う。
口へ運ぶ食材ひとつひとつが、どのような苦労があってここへきているのか、歴史がわかる。
帰宅して5分で食べられる料理ではなかった。
でも、 レトルト食品で 「便利」に解決されたぶん、 手離さなければならないものがあった。


便利の裏に、何を解決しようとしたものなのか どういうアプローチでなされたものなのか 
それを自分なりに答えを出してから付き合っていこうと思った。

問題そのものを解決しようとするとき、 わたしは今社会に提示されている 、氾濫している便利を使うのか。
もしくは、歴史を学び 歴史の中にうまれていたはずの工夫を再点検するのか。

最新や最先端が、唯一の解決手段ではない。

あたらしいなにかを見つけること以上に、変わらない何かを次の世代につなぐことがむずかしいことも痛感している。

それは、花祭りが教えてくれたことだ。

わたしが立っているところは 繋がれてきた道だ。
そして、つないでいかなければならないようである。
[PR]
by kan_zyuku | 2015-11-01 16:22

合宿レポート

法学部1年の戸田顕光です。今回の合宿について書きます。

今回の合宿先である、愛知県北設楽郡東栄町について。まず思ったのは、「愛知県にもこんな場所があるのか」ということでした。自分は名古屋に住んでいるので、東栄町と聞いて、名古屋より東にあるのだろうという見当はついていましたが、まさか東端だとは思いませんでした。こうした合宿という機会がなければ、たぶん一生知ることはなかったと思います。また、町域の91%が山林・原野ということで、見渡すと山ばかり。そして多量の杉の木。花粉症持ちの自分にとっては、春になるとつらい場所になるのでしょう。

この山々に生えている杉たちは、戦後・また高度経済成長期にほとんど伐採され、はげ山となった後に植えられたものだそうです。当時、林業は非常に栄えていたそうですが、今となっては、担い手不足によって整備が行き届かず、荒れているそうです。

外国産の安い木材によって、日本産の木材の需要が減っている。また、木材の価格が安いので、儲からない。今、大学で勉強している身である自分も、将来林業に就くことはほぼないでしょう。林業がやりたかったら、高卒、中卒の時点でできるはずであり、大学卒業後にやるにしても、金を稼ぎ、飯が食えないのならどうしようもない。完全な自給自足、つまり、自分で食料を生産し、衣服・住居を用意し生活するのは難しい。「自分のことは自分でやる。」それはつまり、例えば自分が病気になったとき、誰にも頼らず治す、ということなのでしょうか。ならばなぜ病院が存在し、お金を対価に病気を治すという仕組みが存在するのでしょうか。

自給自足を考えるうえで必要なことは、「少しはお金を稼ぐ必要がある」ということだと思います。人に物を売る。人から物を買う。物々交換の文化から貨幣文化が生まれ、それがさらに発展し、また食料事情が変化してきたからこそ人は自分で食料を生産しなくてもお金さえあればなんとかなるようになりました。お金を稼ぐのに都合がいい場所が都市、つまり人がたくさんいるところであり、田舎における過疎が進んだ原因の1つは、都市に行ったほうが稼ぎの機会が多いからです。ここで自分が言いたいことは都市・田舎問題ではなく、「人は他者との契約・協力といったなんらかの関係がないと生きていけない、そういう社会に身を置いている」ということです。

合宿に行った我々が農作業を体験し、おいしいご飯を食べられたのも、東栄町の方たちからお話を聞けたのも、すべて善意、さらには向こうにとって利益があったからだと思います。合宿中での様々な体験を通して東栄町について知ってもらう。これは、例えば東栄町に魅力を感じた我々がそこに住むようになる、といった将来に向けた、ある意味での投資なのかもしれません。我々が合宿費を支払う代わりに、東栄町に行き、様々な体験をさせてもらう。これは契約という関係です。農作業を効率よく進めること、また食事の用意を手伝うことにおいては、みんなで協力しました。これらすべては他者が存在してこそできたことです。自給自足生活を送るためにも、他者と関わり、お金を稼ぎ、協力していくことは必要なのです。自給自足の意味、そして他者との関わりについて考えるきっかけとなった合宿でした。最後に、貴重な体験をさせていただいた東栄町の皆さま、ありがとうございました。
[PR]
by kan_zyuku | 2015-11-01 16:13 | 合宿@東栄町

持続的なブログです。
by kan_zyuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

レポート提出お疲れ様でし..
by TA原 at 22:57
何時のどこ行きのバスに乗..
by TA原 at 14:54
わかりました
by 山田 at 23:05
阿部君 参加の件了解し..
by TA原 at 22:54
基セミの合宿に参加できる..
by 阿部 真也 at 17:42
はじめまして★ブログ拝見..
by 広角機動体 at 18:35

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな