地球環境塾

合宿振り返り

文学部の鈴村陽子です。二日間の合宿お疲れ様でした!
振り返りを書きます。

初めにすげの里の見学へ行きました。第一印象は、とてもきれいなところだ!!です。玄関から上がると薪ストーブ、居間には囲炉裏、お風呂は檜風呂など、昔の日本の家の良さと、吹き抜けがあったり床暖房があったりという現代的な家の良さ、二つがうまく調和してとても素敵な建物でした。エネルギー的な観点からも、床暖房が電気ではなく、(地域の薪を燃やすことで発生する熱によって)暖められた水で行われていること、太陽光発電でエネルギーがほぼ自給自足できていることというお話を伺って、もしかしたらエネルギーの自給自足は遠い将来そんなに難しいことじゃないのかも…とも思ってしまいました。もちろんこのような施設を作るまでとても大変な道のりがあったことも聞きましたが。

次に、福蔵寺というお寺でM-easyの戸田さんのお話をお聞きしました。田舎で暮らしていくことについてとても有意義なお話を伺えました。私が印象に残っているのは、田舎で暮らすことは自分達の生活を自分達で考え工夫して変えていけるという実感が持てるところがとてもいいというお話です。人数が少ないからこそ、周りの人々と関わって、どんどんつながりを広げていくことが可能なのだと思います。確かに、都会では自分が行動してもしなくても変化がない、すると自分達が住む場所に関心も湧かなくなってしまう気がします。

宿泊施設の板取の家では、手作りピザとイノシシ鍋をいただきました。あこがれのドラム缶ピザ窯ピザ!!!美味!!イノシシも全然くさくなくておいしかったです。

二日目は朝食の後、さくら村の見学に行き「ガキ大将養成講座」を企画している安藤さんのお話を伺いました。さくら村がこれまた心躍るすてきな場所で、子供達のために遊べる場所を提供する公園かと思いきや、子供達も一緒に遊具を作っていると聞いて驚きました。安藤さんのお話の中で「ここではなにをやるにも自己責任だ。」という言葉が心に残りました。怪我をしても、それは注意をしなかった自分の責任だと理解させること。また、すぐに答えを教えるのではなく、一度子供に考えさせるようにしている、ともおっしゃっていました。子供だからと言って甘やかしたりせず、一人の人間として対等に接する姿勢が、将来どんなところでもやっていける立派なガキ大将を育てることにつながるのだと思います。さくら村にある遊具は大学生が遊んでも本当に楽しめました。ツリーハウスの完成がとても気になります。いつか、手伝いとして参加したいです。

実際に田舎に暮らしている人たちの話を聞くと、みんなが田舎の暮らしを楽しみ、また楽しくなるように積極的に活動していることが分かりました。都会に住みたい人がいるなら、田舎に住みたい人が出てきてもなんらおかしくない時代だと思います。周りの価値観ではなく、自分に合った暮らしを一人一人が考え、その選択肢として田舎暮らしをいれることはすごく良いことだと思いました。

長くなってすいません。とても楽しい合宿でした。すげの里の職員さん、戸田さん一家、安藤さん、高野先生、TAの西田さん、基セミのみんな、本当にありがとうございました!
[PR]
# by kan_zyuku | 2016-11-22 22:52

合宿レポート

 法学部の吉田朱里です。まず皆さん、この二日間ありがとうございました。最初、そんなに仲良くもない人たちと合宿なんて大丈夫なのだろうかと、かなり不安に思っていましたが、結果としては、めちゃくちゃ楽しい時間を過ごすことが出来ました。本当に感謝です。

 本題の感想ですが、今回の山里合宿で、体験はもちろん貴重なものでしたが、直接、町おこしの取り組みを推進している方々のお話を聞いたということが、環境と人との関わりをより深く考えるうえでとても参考になりました。この中で、私が一番印象に残っていることを書こうと思います。

 戸田さんが話されていたことで、旭に住もうと思った理由についてのことがありました。彼は、「子供は本来とても自由な生き物であって、都会の暮らしでは、例えば道路に飛び出してはいけないとか、知らない人にはついていかないなど、子供に様々な規制をしなければならず、それはすなわち彼らの本来の良さを抑圧し、とじこめてしまうことになる。田舎であれば、都会ほどに規制をする必要がなく、子供たちが自由に育つことができ、そこで育んだ感性を大切にして大人になっていける。また、近所のおばあちゃんに、よく子供の面倒を見てもらっており、とても助かっている。」とおっしゃっていました。このお話を聞いて、やっぱり都会の生活では考えられないような、自然環境や人との付き合いが、移住の一番のメリットであることを実感しました。必要なものがあれば、ネット通販で購入したり、車で20分のコンビニに行ったりして、なんだかんだ1年間で200万円さえあれば十分暮らしていけると戸田さんは語っていました。豊かな暮らしが至上のように語られている現代で、我々が知らなければならないのは、都会では学ぶことのできない、資源の大切さ、自由な生活、そして地域や人との深い触れ合いではないかと思います。生き生きとしている戸田さん家族を見ていて、それがひしひしと感じられました。これからは、日本でもさらに行き過ぎた資本主義が問題になっていくと思われます。そこで新たな視点として、地方にもっともっと目を向けて、人間の生き生きとした本来の暮らしの実現をしていければ(簡単なことではないですが)、今とは違う意味での「豊かな暮らし」ができるのではないかと思いました。
[PR]
# by kan_zyuku | 2016-11-22 18:32

自己紹介

入江優香です。物理工学科に所属しています。

私は実行に所属していて最近では11月5日、6日の秋祭に向けて作業をたくさんの人達と協力して進めています!
興味がある方はぜひお越しください笑

[PR]
# by kan_zyuku | 2016-10-13 13:48

自己紹介

こんにちは。名古屋大学工学部物理工学科の高橋拓人です。バスケサークルとテニスサークル、名大祭一二年実行委員に所属しています。バイトもいま二つしていて、暇な時間には自動車学校に行っているので自分でも結構ハードスケジュールだなと思っています。でも毎日それなりに楽しんでいるつもりです。

この講義を選んだ理由としては、合宿を通して自然と触れ合いたいと思ったからです。また自分は二年のときのコース分けで量子エネルギー工学コースにしようかなと考えていて、環境とエネルギーは密接に関係していると思ったのでこの講義を選びました。これからよろしくお願いします。
[PR]
# by kan_zyuku | 2016-10-12 21:32

自己紹介

こんにちは。名大付属高校2年の宮川直大です。部活は夏でブラスバンド部をやめたので無所属です。勉強があまりできるほうではないので、今後勉強をがんばっていこうと思っています。

自分が今回このセミナーに参加した理由は、学校で中学の時に森林、昨年にエネルギー(いろいろな発電方法)について授業の関係で調べていたので、これを通してさらに知識を深めていきたと思ったからです。実際に体験することで新しい発見ができたらいいなと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。
[PR]
# by kan_zyuku | 2016-10-12 17:45

自己紹介

こんにちは。名古屋大学の工学部物理工学科1年生、松尾萌々子です。他の受講生の方を参考に、自分について少し情報を上げると、私は「宇宙開発チームNAFT」というサークルのほか、「名大祭一・二年生実行委員会」に所属しています。それから、福岡ソフトバンクホークスのファンでもあります。これを書いている10月12日から、ちょうどクライマックスシリーズファイナルステージが始まりますね。応援しなければ。

さて、続いて私がこの講義を受講した理由と期待することを書こうと思います。
私の祖父母は生前、九州地方のとある田舎に住んでいました。そこは街から車で二時間ほどの山奥の集落で、ご近所さんは皆同じ名字をしています。数年前に祖父母が亡くなり、葬儀のため彼らの家を訪れましたが、私たち家族が愛知県に住んでいることもあり、その訪問は私にとってとても久しぶりのことでした。そこで私は大変驚きました。床や壁は痛み、天井からは鼠の走る音が、そして至るところから獣の糞尿の匂いがしていたのです。家主のいなくなった家はかくも一気に寂れてしまうものなのか。都会と田舎、とは非常によく聞く対比ではありますが、そのうちの片方の要素が、一世代が終わった途端崩れてしまうほどに脆いものだということに気付いたのはこれが初めてのことです。
高野先生は持続可能な暮らしという観点から、山間地での水力発電による暮らしを実験・研究なさったとお聞きしました。
田舎での暮らし、また持続性というのはまさに私が無残な姿になった祖父母の家で思い当たった疑問でもあります。それらについてもう一度考えるきっかけとなればと思い受講させて頂きました。

一期という短い間ではありますが、精いっぱい己の頭で考え行動し、新たな知見を得られるよう努力したいと思います。これからよろしくお願いします。
[PR]
# by kan_zyuku | 2016-10-12 16:17

自己紹介

こんにちは!文学部1年の森崎翔介です。大学では名大祭1・2年実行委員、放送研究会、芸音楽部、卓球サークルに所属しています。自分でも色々手を出し過ぎた感があります。こんなに掛け持ちができるのは時間のある文学部だけだと思います(笑)

昨今よく話題になっている「持続可能な社会」というテーマに関心を持っており、祖父母の家がかなり田舎にあって昔から田舎暮らし自体にも興味や関心があったのでこの講座を選択しました。特に合宿をとても楽しみにしています。

半年間よろしくお願いします。
[PR]
# by kan_zyuku | 2016-10-11 23:34

持続的なブログです。
by kan_zyuku
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

レポート提出お疲れ様でし..
by TA原 at 22:57
何時のどこ行きのバスに乗..
by TA原 at 14:54
わかりました
by 山田 at 23:05
阿部君 参加の件了解し..
by TA原 at 22:54
基セミの合宿に参加できる..
by 阿部 真也 at 17:42
はじめまして★ブログ拝見..
by 広角機動体 at 18:35

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな