人気ブログランキング |

地球環境塾

合宿レポート

こんばんは、石田理奈です。合宿お疲れ様でした。少し時間が空いて
しまいましたが、2日間を簡単に振り返ってみたいと思います。

今回の合宿では岐阜県中津川市の丹羽さん夫妻にお世話になりました。
芋掘りと草むしりをするらしいと聞いていたので正直めんどくさいなという
思いがありましたが、実際に行ってみると小豆の収穫やピザ作り、薪割り、
ぜんざい作り、里芋掘り、鶏ちゃん料理に麦の種まきまで貴重な体験をたくさん
させて頂き、普段では考えられないような密の濃い時間を過ごすことができました。
もちろん1つ1つの作業は単調で根気のいるものが多く、途中何度か音を上げて
しまいそうになったこともありましたが、皆と一緒だったからなんとか最後まで
続けることが出来たのだと思います。「農業はひとりじゃ出来ないから、皆で知恵を
出し合って少しずつ手探りで答えを探していくんだ。」と丹羽さんが仰っていたのを
思い出しました。確かに自給自足の生活は想像していた以上に大変そうだと身を以て
実感しましたが、それ以上に他の人と協力して同じ作業をする一体感や居心地の
良さのようなものは、普段の生活では忘れられがちですが人間として生きる上で
とても大切な感覚ではないかと思いました。私ももし2012年以降も世界が存在して
いたら(笑)、真剣に自給自足の生活を考えてみようかと思います。
あと、作業だけでなく1日目の夜の懇親会(スプーンがあって本当に良かったです。)や
温泉もとても楽しく、大袈裟ですがやはり人は1人では生きていけないなと感じました。

ところで、持続可能な社会について少しでも手掛かりを得ようというのが今回の
合宿での私のささやかな目標でした。結局大したことは思いつかなかったのですが、
里芋掘りの時に丹羽さんの奥さんがしてくださった話の中に「昔は田んぼごとに
山が割り当てられていて、人が薪や畑の肥料にする枯葉を集めるために山に入る
ことで山も間伐されて良い状態を保つことができた」というものがあり、世間では
森林保全だとか「環境を守るため」の活動が叫ばれていますが、やはりただ環境を
守るのではなく、自然と人間が互いを必要とするような、持ちつ持たれつの関係を
築けるようなシステムを構築することが大切ではないかなと思いました。ただ漠然と
思っただけだしわざわざ言うほどのことではないかもしれませんが、丹羽さんの
奥さんが仰った「だって必要じゃなければ山の手入れなんてしないし、」という一言に
なるほどなと感心させられました。

長くなってしまいましたが、最後に2日間温かくもてなしてくださった丹羽さんや
奥さん、合宿を企画してくださった高野先生、運転だけのつもりがうっかりリーダーに
なってしまった岡村さん、合宿を通して年上の威厳が危うくなった伊藤さん、年上
らしく場に応じて適切なアドバイスを下さった青山さん、一緒に合宿に参加した
基セミのメンバーのみんな、本当にありがとうございました。今回の合宿をこれからの
授業に生かしていけたらと思います。
by kan_zyuku | 2012-10-24 21:38

持続的なブログです。
by kan_zyuku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな